どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。最近はゲリラ的な花火大会情報も提供。

臨海地下鉄新線

#1904 鉄道・地下鉄新線計画の実現で都営バスの乗客減少を予想 都有識者会議

東京都の都営交通の経営について考える有識者会議が2023年12月22日に開催された。都内の鉄道・地下鉄新線計画4路線(臨海地下鉄新線含む)について、都営バスの需要に変化が生じる例としてピックアップされていた。過去の鉄道新線開業でバスの乗客…

#1900 事業化決定リーチ! 臨海地下鉄新線の運行事業者、事実上決まる

都心部・臨海地域地下鉄の事業計画に関する合意が東京都から発表された。整備主体予定の独立法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構、営業主体予定の東京臨海高速鉄道と東京都の3者で事業計画の検討を加速することで合意したという内容。 NHKは「東京臨海高…

#1899 ★速報★臨海地下鉄新線はりんかい線の事業者が運行 東京都決定!=報道

ビッグニュース。東京都が臨海地下鉄新線の運行事業者にりんかい線を運行する東京臨海高速鉄道を選定することを決めた。鉄道建設・運輸施設整備支援機構が線路を整備。読売新聞(2024/02/02)。 報道概要(読売新聞=2024/02/02) 感想・まとめ 参考リンク等 …

#1860 つくばエクスプレスの輸送人員、過去2位の2018年度水準に迫る

都心・臨海地下鉄新線との関係が深いつくばエクスプレスの2023年度上期の営業実績が発表された。新型コロナからの着実な回復が続いていることが喜ばしい。1日あたりの輸送人員は2022年度上期からさらに11%増加し、上期としては過去最高だった2…

#1818 ★速報★臨海地下鉄新線に別枠で来年度2・6億円! 第6回都心・臨海地下鉄新線推進大会

都心部・臨海地域地下鉄構想を推進するための地元の集まり「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が2023年11月9日、中央区晴海の晴海トリトンスクエア「第一生命ホール」で開催された。今回は6回目。東京都2024年度の臨海地下鉄新線予算が2億円増額…

#1807 過去5回の都心・臨海地下鉄新線推進大会を振り返る 第6回大会は2023年11月9日開催

2023年11月9日に6回目の「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が東京・晴海の第一生命ホールで開かれる。過去5回の推進大会について振り返ると、毎回、少しづつ進んできているように思うが、この1年は東京都の事業計画案発表以降、目に見えた動きはな…

#1772 臨海地下鉄は単独項目に発展 2024年度東京都の国への提案要求

2023年6月15日、東京都が国の施策と予算に対する提案要求を公表している。2022年との比較をしてみた。都心・臨海地下鉄新線は単独項目となったことが目を引いた(2023/09/29) 2024年度提案要求=2023年6月、東京都 2024年度提案要…

#1760 第6回都心・臨海地下鉄新線推進大会は2023年11月9日

6回目を数える「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が2023年11月9日、中央区晴海トリトンスクエアの第一生命ホールで開かれる。ことしはどんな進捗があるだろう(2023/09/19)。 中央区 都心・臨海地下鉄新線推進大会2023概要 想定ルート図から読み…

#1696 東西線の混雑128%→138%に上昇 舎人ライナーが1位(155%) 都市鉄道の混雑率

2022年度の東京圏における主要区間の混雑率が発表された。31区間の平均は2021年度の108%から123%まで回復した。注目の東西線(木場駅→門前仲町)は138%まで回復。ただ混雑対策が必要とされている180%に届いた路線はゼロの状態が続…

#1689 臨海地下鉄新線の整備「慎重にならざるを得ない」 首都圏新都市鉄道

乗り物ニュースさんの2023年7月9日の記事で、つくばエクスプレスの沿線自治体が首都圏新都市鉄道に提出した「東京駅延伸・臨海地下鉄新線接続に関する要望書」に対する回答を紹介していた。要望に対しては「慎重にならざるを得ない」という回答だった…

#1684 ★速報★JR有楽町駅周辺の約3・2ヘクタールで再開発準備組合設立 ビックカメラや東京交通会館など対象

東京都千代田区のJR有楽町駅周辺のおよそ3・2ヘクタールの広大な敷地について、東京都、東京高速道路(株)、東京交通会館と三菱地所、そして読売新聞東京本社の5者による再開発準備組合が設立された。この場所、臨海地下鉄新線の新銀座駅(仮称)の場…

#1646 つくばエクスプレスの輸送人員、2016年度水準に回復 2022年度営業成績

都心・臨海地下鉄新線との関係が深いつくばエクスプレスの2022年度の営業実績が発表された。2019年度以来の営業黒字と経常黒字、最終黒字を計上、新型コロナからの着実な回復が続いている。1日あたりの輸送人員は2021年度から17%増加したも…

#1527 東京港に新たなランドマーク! 海の森公園24年度末開園 2023年度東京都予算案

東京都の2023年度予算案が2023年1月末に発表されている。その中から、ちょっと目を引いた事業をピックアップしていく。東京港に新たなランドマークを作るそうだ(2023/02/03) 東京都 特に目を引いたもの 1)東京港における新たなランドマークの設…

#1483 つくばエクスプレスの輸送人員、2015年度水準に回復

都心・臨海地下鉄新線との関係が深いつくばエクスプレスの2022年度上期の営業実績が発表された。2019年度上期以来の営業利益と経常利益を計上、新型コロナからの着実な回復が続いている。1日あたりの輸送人員は2020年度上期から16%増加した…

#1482 臨海地下鉄新線は採算性ありとの結論、建設期間は5年 中央区の2021年度調査報告書

中央区が2021年度に実施した臨海地下鉄新線に関する調査報告書が公表されている。東京都が発表した事業計画案と直接の関係はないことに注意が必要。主な内容は需要予測等の検討。新銀座〜新国際展示場間をベースに、つくばエクスプレスのみ接続、りんか…

#1468 今後の検討は事業計画案のルート・駅位置で実施 臨海地域地下鉄、検討会議事概要、東京都対応

東京駅と有明・東京ビッグサイト間、約6キロを10分で結ぶ「都心部・臨海地域地下鉄」の事業計画案が公表されて沿線内外の注目が集まる中、東京都が事務局を務める臨海地域地下鉄新線の事業計画検討会の第4回検討会の議事概要が公表された。 当然ながら事…

#1467 都心部・臨海地域地下鉄、事業計画案発表を振り返る

2022年11月24日朝の読売新聞オンラインから始まった「都心部・臨海地域地下鉄」の事業計画案発表から、翌25日の小池知事会見、さらに東京都の事業計画案公表までをツイートから振り返る(2022/11/26)。 事業計画案=東京都 24日のツイート 09…

#1464 ★速報★臨海地下鉄は東京駅〜有明までを先行整備 事業計画案

東京都は2022年11月25日、都心部・臨海地域地下鉄構想の事業計画案を公表した。東京駅を起点に有明・東京ビッグサイトまでを単独整備する内容(2022/11/25)。 東京都=事業計画案 dorattara.hatenablog.com 前提条件 東京駅起点に有明・東京ビッグ…

#1463 ★速報★都心部・臨海地域地下鉄の事業計画案発表 東京都

東京都が2022年11月25日、都心部・臨海地域地下鉄(臨海地下鉄とする)の事業計画案を発表した(2022/11/25)。 東京都 都心部・臨海地域地下鉄の事業計画案発表 参考 従来試算との比較 感想・まとめ 参考

#1461 臨海地下鉄新線の7駅公表 晴海駅と勝どき駅は分離 報道ベース

2022年11月24日付の読売新聞オンラインが、臨海地下鉄新線のルートと新駅に関する報道を行ったので、以下概要をまとめておく。新駅は7駅、中央区案との比較で、晴海駅・勝どき駅の分離が目を引く。事業費は5000億円としている。そのほか、各社…

#1459 臨海地下鉄新線ルート掲載 中央区基本計画2023中間まとめ公表

中央区の基本構想(2017年6月)に掲げる将来像の実現に向けた基本計画(2018年2月)が更新される。新型コロナなど社会情勢の変化を踏まえた基本計画(2023)策定に向けた中間まとめが公表されている。200ページを越える内容で、ここでは気…

#1454 臨海地下鉄新線は都内の新線計画1位、真実味増す 「優先6路線」は消滅、東京都が国に提案

東京都が2022年11月17日、国の予算編成に対する要求提案を公表した。注目は「都市鉄道ネットワーク等の強化」の項目。 国土交通省の交通政策審議会答申371号で切り分けられた「東京8号線(有楽町線分岐線)延伸」、「品川地下鉄(南北線分岐線)…

#1452 晴海トリトン〜晴海三丁目の歩道橋は自転車通行可能 臨海地下鉄新線のバリアフリー動線か

中央区晴海一丁目の晴海トリトンスクエアと晴海三丁目を結ぶペデストリアンデッキは両サイドにエレベーターが設けられ、自転車も通行可能な作りになるそうだ。臨海地下鉄構想の勝どき・晴海駅(仮)の出入口から晴海トリトンスクエアへのバリアフリー動線と…

#1443 新線ルート、駅位置は年内公表 第5回都心・臨海地下鉄新線推進大会

都心部・臨海地域地下鉄構想を推進するための地元の集まり「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が2022年11月8日、中央区の月島第二児童公園で屋外開催された。今回は5回目。臨海地下鉄新線のルートや駅位置が東京都から年内に公表されるという(2022/11…

#1389 第5回の都心・臨海地下鉄新線推進大会は昼夜の二部制で屋外実施 2022年11月8日

都心部・臨海地域地下鉄構想の実現を目指す「新線推進大会」が2022年は11月8日に開催される。開催は5回目となるが、月島第二公園での開催で昼と夜の二部制での実施は初の試み。申し込みをしなくても立見自由となっている(2022/09/17)。 推進大会開…

#1325 東西線の混雑123%→128%に上昇 舎人ライナーが1位(144%) 都市鉄道の混雑率

東京8号線延伸部(豊洲〜住吉)の整備は東西線のピーク混雑率が200%近いことが最大の根拠となっていたが、2020年度につづき2021年度も混雑が解消してしまっていた。(2022/07/22)。 国土交通省 2020年と21年の平均混雑率・輸送力・輸送…

#1300 臨海地下鉄新線「勝どき・晴海駅」はどこに? 久しぶりに考えてみた

都心・臨海地下鉄新線構想の勝どき・晴海駅(仮)の場所はどのあたりになるのか久しぶりに考えてみた。 地下鉄が大量輸送機関であることを考えると、新築地(仮)と新国際展示場(仮)という2つの大規模業務エリアを結ぶルートとしては、晴海フラッグのよう…

#1272 つくばエクスプレスの輸送人員、2012年度水準に回復

都心・臨海地下鉄新線との関係が深いつくばエクスプレスの2021年度の営業実績が発表された。輸送人員は2020年度から10%増加したものの、2019年度を基準にすると23%のマイナス(2022/06/02)。 首都圏新都市鉄道 2021年度 輸送人員 参…

#1121 つくばエクスプレスの輸送人員はコロナ禍前の四分の三にとどまる

都心・臨海地下鉄新線との関係が深いつくばエクスプレスの2021年度上期の営業実績が発表された。2020年度上期から11%増加したものの、2019年度上期を基準にすると3割近いマイナスが続いている(2021/12/22)。 首都圏新都市鉄道 2021年…

#1069 都心・臨海地下鉄新線推進大会は3つの進展 鉄道事業者の経営環境悪化が懸念材料に

都心部・臨海地域地下鉄構想を推進するための地元の集まり「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が2021年11月24日、銀座ブロッサムホールで開催された。今回は4回目。前回推進大会は「成果はなく進展があった」。今回は一定の進捗はあったようだ(2021/…