どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

中央区晴海

#1250 晴海センタービル売却 ジャパンリアルエステイト投資法人

中央区晴海二丁目の「晴海センタービル」の売却が発表された。現所有者は三菱地所系のジャパンリアルエステイト投資法人で譲渡先は非開示。この法人は2022年3月に豊洲フロントを取得(持分24%)していて、取得資金をほぼ賄える金額での売却となった…

#1232 マルエツ勝どき六丁目/晴海三丁目店・佃店で商品配達開始 ウーバーイーツ利用

オンラインデリバリープラットフォームの「ウーバーイーツ」(Uber Eats)を使ったスーパー「マルエツ」の商品配達サービスが始まった。2022年4月26日に勝どき六丁目店でスタート。5月11日には晴海三丁目店と佃店でスタートする。合わせて合計15…

#1228 シニア住宅は「グランレール晴海フラッグ」 10年入居で6〜7000万円ぐらいか?

晴海フラッグの賃貸棟の一角に設けられるシニア向け住宅の物件概要が発表された。「都心を愉しみ、らしわを極める。」というコピー。細かなことは抜きにして、仮に入居する場合にどのぐらいの費用がかかるのか調べてみた(現時点では未定となっている)(202…

#1218 旧晴海鉄道橋遊歩道化・耐震補強はさらに2カ月遅れ 晴海側、2022年6月上旬まで

2017年に決まった旧晴海鉄道橋の遊歩道化。現在行われている晴海側橋脚の耐震補強工事が遅れているようだ。工期は22年1月下旬までだったが6月上旬までに延期された。豊洲側耐震補強の作業も始まったようだ(2022/04/14)。 中の人撮影 晴海側工期は…

#1207 旧晴海3号上屋、4号上屋は23年秋、旧鈴江倉庫は24年秋に解体

東京2020大会で事務棟や倉庫として使われた「旧晴海3号上屋、4号上屋」と「旧鈴江倉庫」の解体工事スケジュールが少し詳しくなった。終了は2024年10月末の見込み(2022/04/03)。 中の人撮影 解体の概要 解体工期(NEW) 感想・まとめ 参考

#1197 晴海客船ターミナル臨時開放終了

2022年2月20日に閉館した晴海客船ターミナル。数多くの要望を受けて建物の外側(外構部)の臨時開放が3月19日~21日に実施された。みなさんは行くことができただろうか?(2022/03/21) 豊洲ぐるり公演側から望む=21日正午ごろ 臨時開放最終…

#1182 晴海客船ターミナル臨時開放は3月19日~21日に実施 最後のチャンス!

2022年2月20日に閉館した晴海客船ターミナル。数多くの要望を受けて建物の外側(外構部)の臨時開放が3月19日~21日に実施されることになった。写真設置用の看板も設置される(2022/03/10)。 晴海客船ターミナル=中の人撮影 臨時開放の概要 参…

#1170 2040年代の東京港を描く長期構想をみる じわじわとした変化になりそう

東京都が2040年代を見据えた「東京港第9時改定港湾計画に向けた長期構想」を公表した。印象が薄い内容で、今後20年はじわじわとした変化になりそう(2022/02/03) 水辺の賑わい将来イメージ=”長期構想” 長期構想の位置付け 長期構想における基本理念…

#1166 晴海客船ターミナル、閉館告知 2022年2月20日

晴海客船ターミナルが2022年2月20日に閉館したというお知らせが公式サイトに掲載された(2022/02/24)。 中の人撮影=2022/02/24 晴海客船ターミナル閉館告知 感想・まとめ 参考

#1161 さようなら晴海客船ターミナル 写真展、緊急開催!

晴海客船ターミナルが本日(2022年2月20日)に閉館日を迎えた。ここでは、中の人が撮影した晴海客船ターミナルを写真の数々で振り返る(2022/02/19) 閉館日夕方の晴海客船ターミナル=2022年2月20日撮影 小雨の降る日だったが、夕方になって…

#1156 晴海客船ターミナルはこのまま閉館か 無念・・・

最終営業日の2022年2月20日を1週間先に控え、新型コロナ感染拡大を受けた臨時休館が続く晴海客船ターミナル。記念展示を実施することなく、このまま閉館となることが確実となった(2022/02/15)。 このまま閉館となる晴海客船ターミナル=中の人撮影…

#1152 ホテルフクラシア晴海がカンファレンスルーム27室の宿泊型研修施設に 2022年6月開業

中央区晴海三丁目の「ホテルフクラシア晴海」が宿泊型研修施設「L stay & grow晴海」となって2022年6月にリニューアルオープンするそうだ。公式サイトも開設済(2022/02/11)。 L stay & grow晴海 宿泊型研修施設「L stay & grow晴海」概要 カンファレ…

#1144 電動キックボートシェアリングのLUUP、微妙な料金改定 70分以上なら割安に

東京湾岸エリアでのサービス提供を開始した電動キックボードのシェアリングサービスを展開するLUUP。2022年3月1日からの料金改定を発表した。4分以上1時間10分以内の利用で従来よりわずかに安くなるようだ。利用には運転免許証が必要なようだ…

#1139 晴海レガシー工事かわら版創刊号は工事スケジュール 2カ月に1回発行 

東京オリンピック・パラリンピック後の中央区晴海五丁目地区のまちづくり工事がスタートするのを機に、東京都が「晴海レガシー工事かわら版」の発行をスタートした。概ね2カ月に1回程度の頻度で発行するという。創刊号はまちづくりのイメージや工事のスケ…

#1137 電動キックボートシェアリングのLUUP、東京湾岸に拡大 2022年2月6日まで無料乗り放題

電動キックボードのシェアリングサービスを展開するLUUPが2022年1月24日から東京湾岸エリアでのサービス提供を開始した。利用には運転免許証が必要なようだ(小型特殊自動車に該当。原付免許では利用できない)。2月6日までの期間、60分間は…

#1136 晴海客船ターミナルの記念展示は「延期」 このまま閉館の可能性高まる

最終営業日の2022年2月20日を前に、新型コロナ感染拡大を受けた臨時休館が続く晴海客船ターミナル。閉館を記念する展示会の開催が2月1日から延期されることになった。開催されないまま閉館となる可能性が高まっている(2022/01/29)。 臨時休館中の…

#1130 旧晴海鉄道橋遊歩道化・耐震補強は3カ月遅れ 晴海側、2022年4月中旬まで

2017年に決まった旧晴海鉄道橋の遊歩道化。現在行われている晴海側橋脚の耐震補強工事が3ヶ月程度遅れているようだ。工期は22年1月下旬までだったが4月中旬までに延期された(2022年1月23日)。 橋脚補強中の晴海鉄道橋=中の人撮影、2022年1…

#1129 新型コロナ「第6波」による近隣施設の営業状況 2022年1月22日現在

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の流行による感染「第6波」が明確になった、蔓延防止等重点措置のスタートによる近隣施設への影響をまとめた。物販、飲食については営業時間短縮が目立つが、スーパーはほぼ変化なし(2022/01/23)。 都内の最…

#1124 中央区勝どき、晴海と江東区豊洲、有明、東雲ホテルの営業状況 2022年1月下旬

2022年1月下旬時点の中央区勝どき、晴海、江東区豊洲、有明、東雲のホテルの営業状況を確認しておく。晴海地区での休業、廃業が目立つ(2022/01/20)。 (グーグルマップ)=ホテルヴィラフォンテーヌグランド東京有明 勝どき地区 晴海地区 豊洲地区 東…

#1123 東京・晴海験潮所では通常より振幅拡大 最大15センチ程度 トンガ噴火津波の影響か

トンガの火山噴火による火山津波で、東京・晴海の験潮所でも潮の振幅が大きくなっている。津波と言えるかは疑問だが、最大15センチ程度振幅となっている(2022/01/16)。 トンガ火山噴火=気象庁 晴海験潮所の15日の潮汐曲線 晴海験潮所の16日の潮汐曲…

#1119 晴海客船ターミナルは2022年1月11日から臨時休館 新型コロナ対応

最終営業日が2022年2月20日に迫る晴海客船ターミナルが新型コロナ感染拡大を受けて臨時休館する。期間は2022年1月11日から当面の間。もしかしたら今日(1月10日)が最終営業日になるかもしれない(2022/01/09)。 臨時休館中の晴海客船ター…

#1115 勝どき五、六と豊海町、月島三は居住ゾーンから複合市街地に変更へ

東京都が住宅市街地の開発整備方針に伴う都市計画変更を行うにあたり原案を公表した。中央区ではこれまで重点地区の整備対象として6地区が該当していたものが、原案では3箇所が削除、3箇所が更新となっていた。目立った変更(変化)は2点。地下鉄新線構…

#1114 晴海選手村をめぐる2つの裁判について 土地の安値売却と引き渡し遅延賠償

晴海選手村をめぐる2つの裁判に動きが相次いだ。 一つは選手村用地の売却めぐる裁判で、東京都が開発業者に払い下げた価格が適正だったか争われたもので原告側敗訴。もう一つは、オリンピック・パラリンピックの延期で引き渡しが遅れたことに納得がいく説明…

#1113 晴海客船ターミナルは2022年2月20日に閉鎖 最後は企画展で締めくくり

解体が予定される晴海客船ターミナルの閉館予定日が告知された。2022年2月20日が最終営業日となる(2021/12/27)。 晴海客船ターミナル=中の人撮影、2021年11月 晴海客船ターミナルの閉館予定日は2022年2月20日 晴海客船ターミナルの歴…

#1090 晴海BRTターミナルが「晴海二丁目」に表記変更 ターミナルがなくなる?なくならない?

東京BRTのプレ運行2次に向けた施設整備箇所を示した資料から「晴海BRTターミナル」の表記が消えて「晴海二丁目」になっていた。ターミナル機能がなくなるのか考えてみた(2021/12/12)。 施工箇所のルートマップから「晴海BRTターミナル」の表記が…

#1089 晴海トリトンのインテリア雑貨「デコホーム」、2022年1月14日オープン

晴海トリトンの新規テナント、ニトリ系のインテリア雑貨「DECO HOME」(デコホーム)の開店日が2022年1月14日と現地に掲示された。開店が待たれる(2021/12/11)。 中の人撮影=トリトンスクエア2階 デコホームは22年1月14日金曜日開店…

#1079 旧晴海鉄道橋の遊歩道化イメージ公表 東京都

歩道化に向けた耐震補強工事を実施中の旧晴海鉄道橋の整備後のイメージが公表された(2021/12/04)。 晴海鉄道橋整備イメージ=東京都 旧晴海鉄道橋の整備イメージ 晴海側のアプローチ 供用開始は? 参考:ニューヨークのハイラインパーク 感想・まとめ 参考

#1077 晴海客船ターミナルの姿が見られるのは2022年秋まで 7月、解体開始

中央区議会の青木議員が晴海客船ターミナルの解体スケジュールを議員送付資料から公表した。2022年7月に準備に着手し、地上部分の解体が9月末からスタート、2023年4月には全て終わるようだ。あの姿が見られるのは2022年秋までということにな…

#1065 地震時出火危険度、意外に高い臨海部 東京消防庁、21年6月公表

東京消防庁がおおむね5年に1回公表している「地域別出火危険度判定」の中で、単位面積あたりの出火件数で分類した6段階のランク分けが公表された。6段階(ランク6が単位面積あたりの出火件数が最大)のうち、豊洲三丁目と東雲一丁目はランク4となって…

#1059 晴海フラッグの中で東京タワービューが期待できるのは1棟のみ どこだろう?

話題の選手村跡地住宅、晴海フラッグをテーマにした湾岸ブログは数々あれど、東京タワービューについて詳細に触れた記事は見当たらない。調べてみると数ある住居棟の中でもわずか1棟のみが東京タワービューといえそうだ(2021/11/14)。 晴海フラッグから東…