どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

交通

#1403 運行は1都2府25県に拡大 長距離便が3割超す BT東京八重洲、2022年10月1日

バスターミナル東京八重洲がオープンしておよそ10日が経過した。2022年10月1日時点での運行状況をまとめておく(2022/10/01)。 東京ミッドタウン八重洲 2022年10月1日の運行概要 東北 6県 関東(東京、神奈川、千葉、埼玉除く) 1都2県 …

#1401 東京BRTは「高い輸送力を有するBRT」に分類 国交省がBRTガイドライン公表 

「専用レーンがないからBRTではない」などと物議?を醸してきた「BRT」について、国土交通省が2022年9月7日に発表したガイドラインの中でBRTの4分類を示した。東京BRTは「高い輸送力を有するBRT」に該当する。ここでは東京BRTに注…

#1400 環状2号線築地区間、12月本格開通に向け走行ルート変更 2022年10月1日

環状2号線築地区間の本線開通が告知された。開通時期は2022年12月。また開通に向けた車道の走行ルート変更が2022年10月1日14時に実施される(2022/09/30)。 中の人作成 切り替え概要 現地の様子(10月1日午後) 現地の様子(9月30日…

2022/09/27のメモ 電動キックボード、全国最初の死亡事故について 中央区勝どき6丁目

中央区勝どき6丁目で、電動キックボードが絡む死亡事故が発生した。実証実験として行われている事業で、警視庁によると全国初の死亡事故らしい。各社の報道をメモとしてまとめておく(2022/09/27)。 警視庁 事故概要 朝日 NHK 産経 読売 そのほか 中央…

#1388 バスターミナル東京八重洲 初日は172便運行、95%は千葉方面

東京駅八重洲口の東京ミッドタウン八重洲地下に入ったバスターミナル「バスターミナル東京八重洲」が2022年9月17日に開業した。第一便は京成バスの木更津線。この日は172便が運行(2022/09/17)。 バスターミナル東京八重洲整備イメージ=UR(都…

#1364 新型コロナ感染拡大による都バス臨時ダイヤ終了 2022年9月1日

新型コロナ感染拡大を受けて都営バスで実施されていた臨時減便ダイヤが終了し、2022年9月1日から通常ダイヤに復帰することが告知された(2022/08/29) 東京都 新型コロナ臨時ダイヤが終了する東京臨海部の都営バス路線 参考 東京都の路線バスの新型コ…

#1347 都営バス停留所「パレットタウン前」は「青海駅前」に変更 2022年9月1日

江東区青海の都営バス停留所「パレットタウン前」が2022年8月31日の全館閉館に伴い「青海駅前」に名称変更される。対象路線は土曜休日限定の「急行05」「急行06」「直行03」の各系統(2022/03/01)。 東京都交通局 バス停の名称変更について 対…

#1344 都04(東京駅ー豊海水産埠頭)も平日11〜12便減 都営バス、コロナによる乗員不足の影響拡大

新型コロナ感染拡大による都営バス運行への影響が拡大している。東京都交通局が2022年8月11日付で都営バスのダイヤを臨時改正する。 対象は東京駅と豊海水産埠頭を結ぶ「都04」を含む11路線。 8月4日にも都05−1系統と東16系統を含む8路線…

#1336 都05-1系統は2割減、東16系統も1割減 コロナで乗員不足、2022年夏の臨時ダイヤ改正

東京都交通局が2022年8月4日付で都営バスのダイヤを臨時改正する。新型コロナ感染拡大による乗員不足が理由。規模は都05-1系統(東京駅〜晴海埠頭)で約2割の減便、東16系統(東京駅〜東京ビッグサイト)でも1割程度の減便となる。こういった減便は…

#1333 晴海ライナー、2022年8月8日ダイヤ改正 パークタワー晴海前「晴海二丁目北」新設で 

中央区晴海二丁目のパークタワー晴海前に設けられた東京都心部と晴海東部地区を結ぶ急行バス「晴海ライナー」の新停留所「晴海二丁目北」上屋完成に伴い、2022年8月8日から晴海二丁目北〜有楽町駅間に限りダイヤ改正が行われる。便数の変更はなさそう…

#1331 2千人/日未満の首都圏路線は3路線4区間 JR東日本、廃線・存続の議論活発化しそう

JR東日本が1日あたりの平均利用客数2000人未満の路線名と区間を公表した。営業係数が2万を超える区間があるなど、なかなか刺激的な内容。首都圏では3路線4区間がピックアップされたが、このうち2路線3区間は廃止になるかもしれない。外房線は流…

#1330 ★速報★江戸バスルート変更素案公表 晴海地区まちびらきに合わせ運行へ 6停留所を新設

中央区の路地を縫うように走るコミュニティバス「江戸バス」。晴海選手村にできる「HARUMI FLAG」をカバーするルート変更案の素案が公表された。南循環にバス停6か所を新設する内容。ルートの詳細は不明。現段階ではたたき台にすぎない。決定案で…

#1325 東西線の混雑123%→128%に上昇 舎人ライナーが1位(144%) 都市鉄道の混雑率

東京8号線延伸部(豊洲〜住吉)の整備は東西線のピーク混雑率が200%近いことが最大の根拠となっていたが、2020年度につづき2021年度も混雑が解消してしまっていた。(2022/07/22)。 国土交通省 2020年と21年の平均混雑率・輸送力・輸送…

#1321 東京BRT計画の現状と分析を公表 晴海二丁目本設ターミナル計画は維持 地域公共交通計画分析

東京都が臨海部の地域公共交通計画についての分析結果を公表している。2022年4月末時点のもので、東京BRTの現状と、地域公共交通計画の分析をまとめたもの。この資料上は晴海二丁目の本設ターミナルは維持されているようだ(2022/07/20)。 東京都都…

#1289 「人流はコロナ前に戻らない可能性示唆」 交通政策白書

国土交通省は2022年6月10日、「令和3年度交通の動向」と「令和4年度交通施策」(交通政策白書)を発表した。人流はコロナ流行前には戻らない可能性が示唆されたとする記載もあった。ここでは目を引いた資料を並べておく(2022/06/10)。 京都市交通…

#1287 パークタワー晴海前に停留所上屋 晴海ライナー、22年7月にもダイヤ改正か

中央区晴海二丁目のパークタワー晴海前で、東京都心部と晴海東部地区を結ぶ急行バス「晴海ライナー」の停留所上屋工事がスタートする。7月中には工事が終了するので8月までにダイヤ改正があるだろう(2022/06/16) 停留所上屋工事告知の看板=中の人撮影 …

#1282 都営バスは直近3年で経常赤字170億円 2021年度は赤字56億円

都営バスの経常収支の速報値が2022年6月10日に発表され、2021年度は56億円の赤字となった。19年度は17億円、20年度は95億円の赤字で、3年間で約170億円の赤字を計上したことになる。新型コロナの影響はあまりに深刻だ(2022/06/12…

#1239 有明親水海浜公園にビーチバレーコート設置 有明アリーナに船着場

江東区の有明北地区に整備中の「有明親水海浜公園」の面積が当初計画から6ヘクタール拡張されておよそ40ヘクタールになる。東京2020大会開催を受けた港湾環境整備施設計画の変更にともなうもの。具体的には有明アーバンスポーツパークや、ビーチバレ…

#1225 電動キックボード、免許不要に 改正道交法成立で何が変わる

2022年4月19日に改正道路交通法が成立し、16歳以上の場合、免許なしで電動キックボードに乗れるようになる見通しとなった。 施行は2年後の見込み。今回の改正法では「運転」とは別に「特定自動運行」という言葉が出てきたり、「原動機付自転車」の…

#1210 「東京の地域公共交通の基本方針」は広域連携バスに注目か 今後5年の取り組み

東京都が2040年代を目標とした「地域公共交通の基本方針」を発表した。ここでは今後5年間の取り組みの項目について確認しておく。行政界をまたいで運行される広域連携バスが目を引いた。(2022/04/06) 東京都 基本方針の構成と今後5年間の取組 5年間…

#1193 東16系統、平日最終便が約40分の繰り上げ 全体ではほぼ変更なし 2022年春のダイヤ改正

東京都交通局が2022年春の都営バスのダイヤ改正を発表した。東16系統(東京駅八重洲口〜東京ビッグサイト)について、東京駅発の平日下り最終便の繰り上げ・減便が実施される。全体としては平日1日1便の減便に留まった。改正日は4月4日(2022/03/1…

#1175 晴海ライナーのバス得サービス終了 ポイント付与は2022年3月31日まで 

バス利用特典サービス(バス得)について、日立自動車交通が取扱事業者から離脱する。サービス終了は2022年3月31日。終了理由は?(2022/03/01)。 パスモ 終了理由 ICカード普及・利用促進が進んだため 参考:バス得サービス 感想・まとめ 参考

#1172 都営バス停留所「日本ユニシス本社前」は2通りの名称に変更 2022年4月1日

江東区豊洲の都営バス停留所「日本ユニシス本社前」が系統によって2通りの停留所名に変更される。豊洲循環の「豊洲01」系統は「第二公園」に変更され、それ以外の系統については「春海橋(はるみばし)」となる(2022/03/01)。 Googleマップ バス停の名…

#1168 京成電鉄がダイヤ改正 平日10便/日の減便(京成上野)

京成電鉄が2022年2月26日にダイヤ改正を実施する。スカイライナーの一部について青砥駅停車を正式化するのが目玉で、新型コロナ流行に伴う生活様式の変化で列車本数を見直すという。具体的にはアクセス特急、快速特急、特急を減らし、快速を増やす。…

#1159 2022年度内に茨城県内ルート絞り込みを実施 つくばエクスプレス延伸

都心部・臨海地域地下鉄構想との一体整備が注目されるつくばエクスプレス。茨城県はつくば〜茨城空港(約30キロ)を含む茨城県内4方面案からのルート絞り込みが2022年度に実施する(2022/02/17)。 茨城県 TX茨城県内延伸調査事業 1800万円 事…

#1158 コロナ苦境滲む経営計画2022(案) 地下鉄ダイヤ、バス路線の再編を示唆、東京都交通局

東京都交通局が2022年度〜2024年度の「東京都交通局経営計画2022」の案を公表した。新型コロナ流行を背景にした事業環境の急変を踏まえ、厳しさの滲む内容となっている(2022/02/16) 経営計画2022(案)=都営交通 新型コロナ流行の影響続…

#1151 子供乗せ電動自転車のサブスクサービス 赤羽駅など4箇所、2022年4月開始 

2022年4月に赤羽駅などJR駅チカ4箇所で子供乗せ電動自転車のサブスクサービスがスタートする。駅チカ専用駐輪場とメーカーメンテナンスなどが用意されて月額税込6600円(年間契約の場合)から。子供乗せの電動自転車は稼働期間の割にお金がかか…

#1146 八重洲地下バスターミナル(北地区)の新規乗り入れ便募集開始 東京BRTは?

東京駅八重洲口の再開発に伴い整備される国内最大規模(20バース)の「(仮称)八重洲バスターミナル」のうち、北地区(6バース)の新規乗り入れ便の募集が始まった。開業は変更がなければ2022年8月の予定。プレ運行2次の施設整備工事入札不調となっ…

#1133 都05は収支最下位 東16、錦13、業10とあわせて年間10億の赤字 都営交通経営レポートより

都営交通の2021経営レポートが公表された。新型コロナ禍の厳しい現状が満載だが、中央区臨海部を通るバス路線の系統別収支が目を引いた。全129路線中、軒並み最下位か最下位グループという厳しい状況だった(2022/01/27)。 都営交通経営レポート 中…

#1117 環状2号線築地工区の工事完了、2022年12月下旬に延長 供用開始は23年春か?

環状2号線の築地トンネル区間の現地の工事期間が2021年8月中旬までだったのが、2022年12月下旬までに更新された。2021年12月現在、地上部では築地換気所の工事が進められている(2021/12/21) 築地換気所=中の人撮影 築地工区の工事完了…