どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

2023年度

#1240 勝どきポンプ所のポンプ棟建設工事について 中央区勝どき五丁目

中央区勝どき五丁目に建設中の「勝どきポンプ所勝どきポンプ棟」について。工事期間は2023年11月までという資料があった。ざっくり高さ30m弱の建物が建つようだ(2022/05/06)。 勝どきポンプ所ポンプ棟=イメージは概略。既設の建物は「ふかし上げ…

#1234 上野動物園モノレールは跨座式での更新か 2023年度、民間事業者公募へ

上野動物園で2019年11月に休止したモノレールの復活(更新)が取り沙汰されているので、情報を集めてみた(2022/04/29)。 上野動物園のモノレールのルート(休止中) 上野動物園モノレール概要 最近の流れ 朝日新聞 2022年4月5日 参考:跨座式…

#1233 観音崎京急ホテルが9月閉館、共立リゾート系へ23年春リニューアル

神奈川県横須賀市の京浜急行電鉄系ホテル「観音崎京急ホテル」が2022年9月30日に閉館し、共立リゾート系のホテルとして2023年春以降リニューアルオープンするそうだ。以前泊まったことがあるのだが、閉館前に一度行ってこようか(2022/04/29)。 …

#1217 新宿駅西南口地区の開発計画概要公表 225mタワー棟など、工期約20年 JR東日本と京王電鉄

新宿駅と駅前広場、駅ビルを一体開発する「新宿グランドターミナル」の計画地で行われるJR東日本と京王電鉄による「新宿駅西南口開発計画」概要が発表された。 地上37階、225mの高さのオフィス棟を含む南北2つの街区からなり、工期は2023年度か…

#1209 山手線などでバリアフリー料金10円加算へ 2023年3月以降実施、JR東日本

バリアフリー設備整備のため、JR東日本が「東京の電車特定区間」内の利用について、普通旅客運賃に対する料金加算を国土交通省に申請した。「鉄道駅バリアフリー料金制度」を利用したもので、大人の場合10円が加算される。2036年度までの13年間。…

#1206 豊洲千客万来施設、全面開業は2023年12月〜24年2月の見通し

東京・豊洲の「豊洲千客万来施設」の全面開業の予定は2023年末なるそうだ(2022/04/03)。 豊洲千客万来施設=万葉倶楽部 豊洲千客万来施設、全面開業予定は「2023年度冬季」 参考 施設概要 年間来場者数(市場調査実施)は上方修正 参考:事業予定…

#1171 中央区・江戸バスの新ルート運行は2024年春か 支出100に対し収入30の現状提示 

晴海選手村跡地再開発の中で重要な位置を占める中央区のコミュニティバス「江戸バス」のルート見直し作業が2022年度から本格化する。順調に進めば運行ルートの案は秋までには出てくるだろう。運行開始は2024年春以降の見通し。中央区の資料は新型コ…

#1167 年間来場者想定は年間260万人に上方修正 豊洲千客万来施設着工、2022年2月17日

東京・豊洲の「豊洲千客万来施設」の着工が2022年2月17日、万葉倶楽部から告知された。23年9月の竣工予定となっていて想定年間来場者数は上方修正されたようだ。あわせて出店関心表明書(案内)が示された。あと、施設名称が「豊洲江戸前市場」で…

#1158 コロナ苦境滲む経営計画2022(案) 地下鉄ダイヤ、バス路線の再編を示唆、東京都交通局

東京都交通局が2022年度〜2024年度の「東京都交通局経営計画2022」の案を公表した。新型コロナ流行を背景にした事業環境の急変を踏まえ、厳しさの滲む内容となっている(2022/02/16) 経営計画2022(案)=都営交通 新型コロナ流行の影響続…

#1128 有明アリーナは2022年8月ごろ開業 東京大会各施設の再開業日程

2022年1月21日に公表された「TOKYOスポーツレガシービジョン」の中で、東京2020大会に際して新設された恒久施設の開業時期が公表された。最も早いのは「夢の島公園アーチェリー場」で開業済み。有明アリーナは22年8月ごろの開業となっている(2…

#1113 晴海客船ターミナルは2022年2月20日に閉鎖 最後は企画展で締めくくり

解体が予定される晴海客船ターミナルの閉館予定日が告知された。2022年2月20日が最終営業日となる(2021/12/27)。 晴海客船ターミナル=中の人撮影、2021年11月 晴海客船ターミナルの閉館予定日は2022年2月20日 晴海客船ターミナルの歴…

#1105 東京都「商業ゾーンを先行開業しろ」 豊洲江戸前市場で新聞報道

2021年12月20日付の日本経済新聞が、開業遅れが確実となっている東京・豊洲の「豊洲江戸前市場」について、商業ゾーンの先行開業を検討していると伝えた。東京都が商業施設について運営者の万葉倶楽部に先行開業の検討を指示したという。スケジュー…

#1085 劇的変更。有明北1地区開発用地の半分は業務商業に 住宅用地の表記消滅、エリア概成は2030年代か?

東京2020オリンピック競技大会向けの仮設施設が並ぶ江東区有明一丁目、二丁目地区の埋立地開発事業が2023年度に行われることが告知された。いよいよ用地の払い下げが始まりそうだ。東京オリンピック後に住宅を中心とした埋立地開発事業実施計画が発…

#1077 晴海客船ターミナルの姿が見られるのは2022年秋まで 7月、解体開始

中央区議会の青木議員が晴海客船ターミナルの解体スケジュールを議員送付資料から公表した。2022年7月に準備に着手し、地上部分の解体が9月末からスタート、2023年4月には全て終わるようだ。あの姿が見られるのは2022年秋までということにな…

#1041 2023年春開業の京葉線新駅は「幕張豊砂」に決定 マリンスタジアム建替検討地区

2023年春に開業するJR京葉線の新駅の名称が「幕張豊砂(まくはりとよすな)」に決まった。建て替えが取り沙汰されている千葉ロッテマリンスタジアムから近い場所で、中の人の予想建て替え場所直近となる(2021/10/29)。 (幕張新都心拡大地区新駅設置…

#1001 千客万来施設「豊洲江戸前市場」完成は23年秋以降に 万葉会長「地元江東区の発展に貢献できれば」

江東区豊洲市場に建設予定の千客万来施設「豊洲江戸前市場」の完成は2023年秋であることが事業者の「万葉倶楽部」の会長自身から告知された。「地元江東区の発展に貢献できればこんなに嬉しいことはない」と話している。開業は予定されていた2023年…

#958 有楽町ビルと新有楽町ビルが建て替えへ 2023年に閉館予定 丸の内NEXTステージ始動

築50年を超えた有楽町のオフィスビル2棟が建て替えられることになった。いずれも三菱地所所有。重みのある外観は好きだったが2023年に閉館するそうだ。これは三菱地所が10年単位で進めている大丸有地区で進める建替&ソフト更新計画「丸の内NEX…

#907 豊洲江戸前市場・千客万来施設はお風呂の遊園地に

江東区豊洲市場に建設予定の「千客万来施設」の施設詳細が判明。当初計画から1フロア縮小。客室数は50〜60程度になるようだ。お風呂の遊園地的な施設になる(2021/06/22)。 豊洲江戸前市場全景=万葉倶楽部 豊洲江戸前市場・千客万来施設概要 建築概要…

#891 東京晴海水素ステーションはガソリンスタンド併設 2023年度以降供用

東京2020大会後に中央清掃工場(中央区晴海五丁目)の隣に作られる「東京晴海水素ステーション」の概要が明らかになった。供用開始は2023年度以降。セルフのガソリンスタンドやカーシェア(FCV利用可能)、電気自動車向けの充電ポート付きの駐車…

#887 「持続的事業運営のため経営基盤強化」 コロナ禍のつくばエクスプレス中期経営計画

臨海地域地下鉄構想(臨海地下鉄新線)の実現の鍵を握る「つくばエクスプレス」の中期経営計画が公表された。新型コロナの影響で乗車人員が激減し、輸送人員の一定の減少が定着すると見込む非常に厳しい内容で、基本方針に「持続的事業運営」というショッキ…

#873 晴海客船ターミナル跡地の暫定施設は「客船ターミナル」! 2023年度供用開始

2022年度にかけて解体することが決まった晴海客船ターミナルの暫定代替施設は官公庁の船舶向けの施設かと思っていたが、なんと客船ターミナルになるようだ。ちょっと驚いたわ(2021/05/25)。 晴海客船ターミナル=2020年11月、中の人撮影 東京都…

#846 晴海五丁目のミライ 2021年5月現在

東京2020大会後の晴海五丁目選手村住宅と周辺インフラの再開発日程について、2021年4月現在の状況を更新しておく。公にされていないものも含むので、参考程度に(2021/04/25)。 中央区晴海五丁目(手前) 再開発日程(2021年4月現在) ①晴海…

#841 晴海3〜5丁目の新1年生の指定校が佃島小になるかも 2023年度限定

公立小学校の1クラスの人数を35人以下にする法律と東京2020大会延期が重なって、2023年度の中央区立月島第三小学校の教室不足が確定した。中央区は2つの案を検討しているが、うち1案は1年間限定で晴海3〜5丁目の新1年生を佃島小学校に通わ…

#834 都心環状線呉服橋・江戸橋出入口の撤去工事は2024年2月末まで

首都高日本橋区間の地下化工事の一環で、2021年5月10日午前0時をもって呉服橋出入口と江戸橋出入口が廃止され基礎部分から撤去される。このほど工事目的や概要、周辺環境への配慮について資料内容が更新された。工事は2024年2月末まで続く(202…

#742 としまえん跡地の練馬城址公園、2023年度開園へ

映画ハリーポッターのテーマパークが練馬城址公園(東京都練馬区)内の「としまえん跡地」にできるという話に関連して、「それ以外の部分」の公園が2023年に一部開園する方針が示された(2021/01/22)。 (東京都) 計画対象区域 ゾーニング 段階的公園…

#671 幕張新都心の「京葉線新駅」は2023年春開業が決定

JR東日本と千葉県、千葉市などが、幕張新都心に設ける「京葉線新駅」の開業時期を2023年春に決定した。新駅の詳細設計が概ね終了したことをうけたもの(2020/11/06)。 (幕張新都心拡大地区新駅設置協議会) 新駅について 断面図 設置位置 参考:駅徒…

#605 横浜・みなとみらい地区の「世界最大級の音楽アリーナ」着工 2023年竣工予定

横浜・みなとみらい地区に2万人規模の音楽アリーナやホテルなどを整備するケン・コーポレーションのKアリーナプロジェクトが着工した。竣工は2023年となっている(2020/09/03)。 完成イメージはこちら。 (ケン・コーポレーション) 「Kアリーナプロ…

#582 としまえん跡地にハリーポッターのテーマパーク 本契約締結、2023年前半開園へ

映画ハリーポッターのテーマパークがとしまえん跡地にできるという話、西武鉄道とワーナー・ブラザースの間で本契約が締結されたということで「本決まり」となった(2020/08/18)。 (西武鉄道ほか) 「スタジオツアー東京」概要 参考:としまえんの閉園後に…

#571 としまえんに行ってきた 閉園の8月31日までに訪問してみては?

1926年の開園以来、多くの家族を迎え入れてきた東京都練馬区のとしまえん(豊島園)が2020年8月31日に94年の歴史を終えるとあって、久しぶりに行ってきた(2020/08/03)。 (としまえん) としまえんの様子(8月上旬) 入場口 園内 回転木馬「…

#546 豊洲千客万来施設は2022年12月完成 着工へ整地作業進む

江東区豊洲市場に建設予定の「千客万来施設」は2020年10月着工、2022年12月完成となる(2020/07/08)。 (中の人撮影) 千客万来施設概要 スケジュール 東京2020大会延期による影響はみられない 千客万来施設のイメージ 感想・まとめ 参考