dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

大田区

#612 羽田「HICity」で国内初の自律走行バスが定常運行開始 2020年9月18日

羽田空港に隣接する「HANEDA INOVATION CITY」(HiCity=エイチ・アイ・シティ)の敷地内で、2020年9月18日から日本で初めて、自律走行バスの定常運行が始まるそうだ(2020/02/06)。 (HICITY) haneda-innovation-c…

#576 「羽田エアポートガーデン」は開業再延期 時期未定、住友不動産

新型コロナウイルス感染再拡大と国際線旅客数の激減を受け、羽田エアポートガーデンの開業再延期が発表された。延期後の開業日程は2020年夏頃だったが、「未定」となった。発表は8月5日付(2020/08/06)。 (住友不動産) 羽田エアポートガーデン開業…

#524 羽田「HICity」は2020年7月3日開業 天空橋駅に「副駅名称」も

羽田空港跡地第1ゾーンの「HICity」のまち開きが2020年7月3日になった。研究施設群に先行して店舗、テナントが順次オープンする(2020/06/17)。 (HICITY)=エイチ・アイ.シティと読む HICityの概要 スケジュール 天空橋駅地下…

#505 祝!「有明ガーデン」グランドオープンは2020年8月 「ショッピングシティ」は6月17日 

新型コロナウイルス特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言が解除されたことを受けて、江東区有明の「住友不動産ショッピングシティ 有明ガーデン」の開業についての再告知があった。中核施設のショッピングシティは2020年6月17日、グランドオープンは…

#480 「有明ガーデン」開業は再延期 一部生活支援施設は5月15日オープン、住友不動産

有明ガーデンの開業について、2020年5月15日からの再延期が告知された開業時期について「政府方針など情勢を踏まえて判断」としている。なお、一部の生活支援店舗は5月15日にオープンする(2020/05/11)。 (住友不動産) 開業再延期告知 有明ガー…

#452 中央防波堤埋立地の新しい住居表示は「海の森」と「令和島」に

江東区と大田区の間で争われた中央防波堤埋立地の「領有権」問題が2019年11月に決着した。2020年6月に江東区側「領土」に住居表示が実施される見通し。大田区側も確定する(2020/04/15)。 (江東区) 江東区側の住居表示は「海の森」(うみのも…

#447 「有明ガーデン」と「羽田エアポートガーデン」開業延期を発表 住友不動産

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、有明ガーデンと羽田エアポートガーデンの開業延期が発表された。有明ガーデンは5月15日、羽田エアポートガーデンは2020年夏頃となった(2020/04/07)。 (住友不動産) 羽田エアポートガーデン 構成施設全体…

#408 羽田空港跡地の東京2020大会期間の暫定利用は困難か 大田区調査、2020年3月

東京都大田区が羽田空港跡地の一角、およそ1ヘクタールについて、東京2020大会中の暫定利用を検討している。大田区が11社に実施した聞き取り調査でこの期間の利用は難しいという声が多く出たようだ(2020/03/04)。 (大田区) 事業概要 参考:隣接地…

#403 「羽田エアポートガーデン」は2020年4月21日グランドオープン 住友不動産

住友不動産による羽田空港での国家戦略特区事業「羽田エアポートガーデン」のグランドオープンが2020年4月21日に決まった(2020/02/28)。 (住友不動産) 構成施設全体図 住友不動産 ホテル ヴィラフォンテーヌ 「ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田…

#383 HANEDA GLOBAL WINGS誕生 「羽田空港跡地」改め

ホテルなどの開発が続く「羽田空港跡地」の呼び方を「HANEDA GLOBAL WINGS」(ハネダ グローバル ウイングズ)にするそうだ(2020/02/12)。 HANEDA GLOBAL WING概要 対象エリア 第1ゾーン 第2ゾーン 第2ゾーン(多摩川…

#375 羽田「HICity」まちびらきは2020年7月初旬 自律走行バス、恒常的導入!

羽田空港跡地第1ゾーンで開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」のまち開きが2020年7月初旬となることがアナウンスされた。合わせてまちの概要も発表された。日本で初めて、自律走行バスが恒常的に導入されるなど、意欲…

#374 乗客を乗せた「実機」による北風運用の飛行確認終了 羽田空港の新飛行経路の騒音測定結果

2020年3月29日の羽田空港の新飛行経路の運用開始を前に、乗客が乗った「実機」で飛行経路の確認を行う「実機飛行確認」の北風運用ケースについて2月5日終了した。北風運用はC滑走路からの離陸パターン。荒川上空を高度を上げながら飛行するパター…

#370 乗客を乗せた「実機」で飛行確認開始 羽田空港の新飛行経路

2020年3月29日の羽田空港の新飛行経路の運用開始を前に、乗客が乗った「実機」で飛行経路の確認を行う「実機飛行確認」が始まっている(2020/02/03)。 (中の人撮影) 国際線の増便など、羽田空港の能力増強準備の最終段階。 www.mlit.go.jp 実機飛…

#319 「羽田エアポートガーデン」プロジェクト発表 2020年春開業、住友不動産

住友不動産による羽田空港での国家戦略特区事業の街区名称が「羽田エアポートガーデン」と決まった。これに伴い、2つのホテルを含む街区内施設の名称などが確定した。注目のバスターミナルは15バース、900便/日で、全国各地に向けて路線が開設される…

#262 中央防波堤埋立地境界確定訴訟が決着 江東区、大田区が1審判決受け入れ 2019年10月

東京都の調停案が不服だとして、江東区と大田区が中央防波堤埋立地の帰属を争った裁判が決着した。両区が東京地裁の1審判決の受け入れを表明した(2019/10/07)。 (江東区) 第1審判決(2019年9月20日、東京地裁) 江東区のコメント 大田区のコメ…

#250 江東区、調停案からさらに35ヘクタール失う 中央防波堤埋立地境界確定訴訟で判決 2019年9月20日

東京都の調停案が不服だとして、江東区と大田区が中央防波堤埋立地の帰属を争った裁判の1審判決が東京地裁で言い渡され、江東区79・3%(都調停案段階86・2%)、大田区20・7%(都調停案段階13・8%)とする判断が示された。江東区は東京都の…