どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。最近はゲリラ的な花火大会情報も提供。

大手町・丸の内・有楽町

#1873 メトロ24時間券+大丸有クーポン3種「東京まちめぐりクーポン」 800円、2024年1月15日販売開始

期間限定で東京メトロの24時間きっぷと大丸有エリアの三菱地所施設の1000円オフクーポンなどをまとめた「東京まちめぐりクーポン」の販売がスタートする(2024/01/11) 東京メトロ 「東京まちめぐりクーポン」概要 販売場所 セット内容 感想・まとめ …

#1807 過去5回の都心・臨海地下鉄新線推進大会を振り返る 第6回大会は2023年11月9日開催

2023年11月9日に6回目の「都心・臨海地下鉄新線推進大会」が東京・晴海の第一生命ホールで開かれる。過去5回の推進大会について振り返ると、毎回、少しづつ進んできているように思うが、この1年は東京都の事業計画案発表以降、目に見えた動きはな…

#1770 385mタワー「Torch Tower」着工 竣工は2028年3月末

東京駅日本橋口前に計画された日本一の高さ385mの「Torch Tower」の着工が2023年9月27日に発表された。竣工は2028年3月末の予定。当初との比較では高さは390mから385mに、階数も63階から62階になるなど、いくつか変更も…

#1695 東京駅丸の内口の水盤、4年ぶりに復活 2023年7月19日以降

東京駅丸の内口の駅前広場に設置されている水景施設が2023年7月19日から4年ぶりに稼働する。連日暑そうなので、21日に立ち寄ってこようかな(2023/07/16) どらったら!作成 水盤概要 感想・まとめ 参考リンク等

#1684 ★速報★JR有楽町駅周辺の約3・2ヘクタールで再開発準備組合設立 ビックカメラや東京交通会館など対象

東京都千代田区のJR有楽町駅周辺のおよそ3・2ヘクタールの広大な敷地について、東京都、東京高速道路(株)、東京交通会館と三菱地所、そして読売新聞東京本社の5者による再開発準備組合が設立された。この場所、臨海地下鉄新線の新銀座駅(仮称)の場…

#1569 JR竹芝水素シャトルバスは運行を1年延長 東京タワー便増便、2024年3月末まで

2020年10月のウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行を開始した燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」の1年運行延長が決まった。2023年4月1日のダイヤ改正で、2024年3月末までの運行と、東京タワー経由便の増便が発表された。利…

#1526 18歳以下に25億円クーポンばら撒き 江東区2023年度予算案

江東区の2023年度予算案が2023年2月2日に発表された。子どもへのクーポンばら撒きや、高校生以下に対する医療費助成、有明に子供図書館を整備するなど政策案は多岐にわたる(23/02/01) 江東区 江東区2023年度予算案概要 主な事業概要 感想・…

#1460 常盤橋「Torch Tower」に超高級ホテル「Dorchester Collection」SKYHILLはホテル施設

東京駅日本橋口前に建設中の「TOKYO TORCH」街区に建設中の390mタワー「Torch Tower」に入居するウルトララグジュアリーホテル、「ドーチェスター・コレクション」の出店内容が紹介された。Torch Towerで特徴的な「亀裂」のような部分「SKY HILL」(スカ…

#1399 東京駅⇄東京タワー間増便 無料運行のJR竹芝水素シャトルバス 2023年3月末まで

2020年10月のウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行を開始した燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」が、まもなく運行開始から2年になる。運行延長が繰り返されていて、2022年10月1日のダイヤ改正で、2023年3月末までの運行と…

#1280 有楽町駅前「むらからまちから館」 2022年6月19日閉店告知に衝撃

JR有楽町駅前の東京交通会館の1階にあって全国の中小企業の地域特産品を扱うアンテナショップとして、日本唯一の公設地域総合専門店だった「むらからまちから館」が2022年6月19日に閉店することが告知されている。閉館理由について国の地方支援事…

#1231 東京都心部での自動運転サービス、2020年代半ばにも

東京都心部でGMの「クルーズ・オリジン」を使った自動運転サービスの提供開始に向けた動きが見えてきた。ホンダモビリティソリューションズと大手タクシー2社がサービス展開に向けた基本協定を締結した(2022/04/21)。 将来の日本でのクルーズ・オリジン…

#1205 銀座地区、行政との会議体づくりを強く要望 東京高速道路(KK線)の再生方針

銀座地区の周囲を回るように走る東京高速道路(KK線)。その上部を歩行者空間化する空中回廊「スカイコリドー」を含む東京都の「再生方針」(中間まとめ)に対して、地元銀座地区から東京都の主体的な関与や、行政と地元の会議体設置を求める要望書が出さ…

#1183 東京駅南部東西自由通路が本格着工へ、2029年ごろ供用 リニア中央新幹線の東京駅延伸??に影響?

東京駅の南側部分で丸の内口と八重洲口を結ぶ自由通路が2029年ごろの竣工を目指して作られることになった。品川駅側からリニア中央新幹線を東京駅にのりいれるなどという話も浮かんでいたが、どうなるか。自由通路の整備自体は大いに歓迎したい。(2022/…

#1142 丸の内エリアで空飛ぶクルマの一般向け実証実験 VR体験車両使用

丸の内エリアで2022年2月28日と3月1日に「空飛ぶクルマ」の一般向け実証実験が行われる。VRゴーグルをかけたまま乗り込む体験車両を使って社会受容性を検証するそうだ。ただし一般向けと言っても対象は大丸有エリアのワーカーほかに限定される(2…

#1108 日比谷公園隣接地の都市計画は築地市場跡地再開発にも影響しそう

日比谷公園の東側で帝国ホテル本館・タワーを含む約6・5ヘクタールの土地に4棟の超高層ビルを建設する都市計画の素案が公表されている(内幸町一丁目特定街区 同北地区再開発等促進区を定める地区計画 都市計画素案概要)。高さ約145mの帝国ホテル新本…

#1019 JR竹芝水素シャトルバス 東京駅丸の内南口↔︎竹芝地区 21年末まで運行延長

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行を開始した燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」が、運行開始から1年を超えた。運行はとりあえず2021年12月31日まで延長された。緊急事態宣言が明けて、いよいよ正念場か(2021/10/09)。 メズム東…

#958 有楽町ビルと新有楽町ビルが建て替えへ 2023年に閉館予定 丸の内NEXTステージ始動

築50年を超えた有楽町のオフィスビル2棟が建て替えられることになった。いずれも三菱地所所有。重みのある外観は好きだったが2023年に閉館するそうだ。これは三菱地所が10年単位で進めている大丸有地区で進める建替&ソフト更新計画「丸の内NEX…

#882 東京2020大会に伴う都営バスダイヤ変更 有明地区は臨時増便 9月30日まで

東京2020大会開催を挟む2021年6月1日〜9月30日までの間、中央区晴海選手村を通行する都営バスが一部運行形態を変更する。晴海埠頭の一部が休止となり、バス行先に「ホテルマリナーズコート東京」と表示されていてちょっと目新しい(2021/06/02…

#870 祝!大丸有を結ぶ「丸の内シャトル」が6月から運行再開 東京大会期間中はルートを変更 

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令に伴い、2021年4月25日から運行を休止していた大丸有地区を巡回する無料バス、丸の内シャトルが2021年6月1日から運行を再開する。東京オリンピック・パラリンピックの影響で一部運行経路が変更される…

#856 都内最古の石橋「常盤橋」の通行開始は5月10日午後1時 東日本大震災で被災、修復終了

東京駅北口に近い常盤橋エリアといえば、常盤橋タワー高さ390mの東京トーチをはじめとする大規模再開発が頭に浮かぶが、足元には都内最古の石橋「常盤橋」があり、東日本大震災で崩落の恐れが出たため修復が進められていた。このほど工事が終了し、202…

#851 大丸有を結ぶ「丸の内シャトル」当面全便運休 新型コロナ緊急事態で 

大丸有地区を巡回する無料バス、丸の内シャトルが新型コロナの影響を受けて2021年4月25日から当面運休になった(2021/05/01)。 日の丸リムジン 概要 参考:丸の内シャトル 感想・まとめ 参考

#831 晴海地区を中心に都バス経路変更 東京五輪期間の2021年6月〜9月

東京オリンピック・パラリンピック期間を含む2021年6月1日から9月30日までの間、交通規制が行われる。これに伴う都営バスの運行ルートの変更が公表された。今回の発表で、影響を受けるのは競技会場となる東京国際フォーラム周辺と、選手村の置かれ…

#820 東京高速道路(KK線)の再生方針決まる 「東京スカイコリドー」化、2030年代以降

銀座地区を通る東京高速道路(KK線)の上部を歩行者空間化する空中回廊「スカイコリドー」を含む「再生方針」が策定された。内容としては(案)がとれただけかな(2021/04/01)。 (東京都) 東京高速道路概要 事業スキーム 高架施設の位置付け 目指すべき…

#810 祝!JR竹芝水素シャトルバス、6月末まで運行延長

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行が始まった燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」の運行が2021年6月末まで延長された。当初予定では3月末までの予定だった。7月以降の運行は未定だが、運行は当面継続されるのではないか(2021/03/27…

#770 銀座地区の「東京スカイコリドー」で意見募集実施 2021年3月17日まで

銀座地区を通る東京高速道路(KK線)の上部を歩行者空間化する空中回廊「スカイコリドー」に関する「再生方針(案)」が公表され、意見募集が実施されている。(2021/02/17)。 (東京都) 提言案の内容は公表済の「東京スカイコリドー」に沿った内容で、…

#759 JR竹芝水素シャトルバスがポートシティを通過中

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて、燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」の運行行われている。2021年3月末までの予定だが、竹芝側の停留所1箇所をスルーして運行している状態になっている(2021/02/06)。 (中の人撮影)=2020年8月…

#695 東京スカイコリドーについて

首都高速日本橋区間地下化の副産物として銀座地区を通る東京高速道路を空中回廊「スカイコリドー」とする提言書案が公表されている。内容を見ておく(2020/11/30)。 (東京都) 東京高速道路概要 目指すべき将来像目標年次 既存施設のあり方評価 提言 3つ…

#663 大丸有地区で電動キックボードの公道走行実証開始 感染拡大防止のため有料レンタル方式

大手町、丸の内、有楽町(大丸有)地区で、電動キックボードの公道走行実証実験が始まった。2021年3月中旬までの予定。公募資料を見ると月3000円(半年間)のレンタル方式、100台規模での実施となっている。10月29日現在「申し込み」は継続…

#650 東京駅〜竹芝地区でFCバス運行開始 「JR竹芝水素シャトルバス」2020年10月24日

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて、燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」の運行が始まる。2021年3月末までの予定だが、運行が継続される可能性がある。東京駅丸の内口と竹芝・日の出埠頭エリアの3箇所を結ぶ(2020/10/14)。 (中の人撮影…

#619 東京駅前常盤橋プロジェクト、イメージ激変 街区名は「TOKYO TORCH」

東京都千代田区と中央区にまたがる東京駅北側での高さ390mのビルを含む再開発、「常盤橋プロジェクト」の公式サイトが更新され、街区名が「TOKYO TORCH」となったそうだ。これまでのイメージが大きく変わっていて驚いた(2020/09/17)。 (三菱…