dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1036 「メブクス豊洲」プレオープン 豊洲駅シャトルバス運行

江東区豊洲6丁目の「4街区」の賃貸オフィスビル「メブクス豊洲」がプレオープン。一部企業が入居を開始し、2階パブリックスペースが一般開放された。店舗はまだ入居前で、ホテル「ラビスタ東京ベイ」は工事中。供用開始前の交通広場へのアクセスは可能。…

#1035 中央区「築地まちづくりの考え方」、「案」からの変更点はほぼなし

2021年9月に公表された中央区の「築地まちづくりの考え方」がまとまった。「考え方案」から何が変わったのか見ていくことにする(2021/10/24)。 中央区 全体構成(章立ての順番)が変わった 「考え方」 「考え方案」 築地の広域立地特性を追加 「考え…

#1034 「レベルの高いまちづくりを期待」 中央区「築地まちづくり」に関する都への要望書提出

中央区は2021年10月20日、築地まちづくりの考え方を公表し、合わせて東京都に対する要望提出したと発表した。本エントリは東京都に対する要望を取り上げる。(2021/10/23)。 東京都に対する要望書 2021年10月版冒頭 築地まちづくりに関する東…

#1033 芝浦一丁目計画って? 225m(N棟)/235m(S棟) 2030年3月末竣工

中央区晴海二丁目のクロノレジデンスや、勝どきのザ・トーキョー・タワーズ、ららぽーと豊洲などが認定されている「民間都市再生事業」に芝浦一丁目計画も認定された。認定により資金面、税制面での事業支援が受けられるというもの。芝浦一丁目計画にはしば…

#1032 精度6センチの衝撃! ベビーカー楽々乗降 東京BRTの正着制御

バスステーションに自動幅寄せする正着制御について、東京BRTが2021年10月22日にモニターを乗せた実証実験を晴海BRTターミナルで実施した。あいにくの雨で路面反射がかなりあって条件は悪かったにもかかわらず、自動幅寄せの精度は高く、プラ…

#1031 2021−22年の冬季電力は大丈夫そう 予備率3%超確保

東京地区の2021−22年冬の電力需要は過去10年で最も厳しい気象を想定した「H1需要」の予測では需要が供給を上回る厳しいものだったが、最新の予測では最低限の電力が確保できる見通しとなった(2021/10/21) 資源エネルギー庁 2021年冬の東京エ…

#1030 新橋〜有明間のプレ運行2次開始時期は不透明に 東京BRT

東京BRTのプレ運行2次について「東京2020大会後」とされていた運行開始時期がなぜか不透明になっているそうだ。一刻も早い運行開始を強く望む(2021/10/20)。 エルガデュオ=東京BRT ※見出しは新橋〜有明間とかいたが、実際には虎ノ門〜東京テレ…

2021/10/20のメモ 阿蘇山が噴火 11:43ごろ

阿蘇山が噴火した。阿蘇山はナショナル・レジリエンス懇談会で「破局的噴火」が指摘されている火山でもあり、要注意(2021/10/20)。 阿蘇山監視カメラ 草千里=気象庁 噴火警報・予報(福岡管区気象台 11時48分発表) 参考:カルデラ噴火(破局的噴火)…

#1029 品川区のコミュニティバス、大井ルートで試行実施の方向 2022年3月開始へ

品川区のコミュニティバス計画で3つのルート案のうち、導入効果が高いことが見込まれる「大井ルート」について試行運行を選考実施する方向となっている(2021/10/12) 品川区 試行運行は大井ルートで実施 運行収支の試算 大井ルート=路線延長 約8・1キロ…

#1028 遅れ気味の「八重洲二丁目中地区」、事業着手段階に移行 5年遅れ

東京駅八重洲口の3つの大規模再開発事業のうち、遅れ気味となっていた「八重洲二丁目中地区」の再開発組合設立がようやく認可され、事業着手段階に移行した、当初計画よりt建物の竣工は5年遅れとなり、7%ほど延面積が縮小されての事業着手となる。高さも…

#1027 便数は以前の6割、利用者3割に バスタ新宿の利用状況、2021年10月

新宿駅南口前に設けられた日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」の利用状況が毎週更新されている。新型コロナ流行を受け利用状況は低迷を続けていて、緊急事態宣言明けの今もバス発着便数はコロナ流行前の6割弱、利用者は3割弱という危機的な状況が続…

#1026 湾岸部全路線で想像を超える「大赤字」 2020年度の都営バス営業係数

都営バスの営業係数(100円の収入を得るのに必要な支出)の推移について、2020年度の路線別の数値が公表された。中央区臨海部を中心にまとめてみたが、対象路線のすべてが赤字(営業係数100超)となり、新型コロナの影響が顕著に出た形となった。…

#1025 東京2020大会記念公園化を明記、誘導居住人口1万人減 有明北地区まちづくり見直し案公表

東京都は2021年10月14日、「臨海副都心有明北地区まちづくりマスタープラン」「臨海副都心有明北地区まちづくりガイドライン」の改定案を公表した。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を経て、状況が変わったというのが改定の理由。…

#1024 ★速報★bリーグ「アルバルク東京」新アリーナは2025年6月完成か 江東区青海

プロバスケ「Bリーグ」アルバルク東京のメインアリーナとなることが取り沙汰されるプロジェクトの概要が公表された(2021/10/14)。 メインアリーナイメージ=東京都港湾局 計画概要(青海地区1区域T2街区) スケジュール(いずれも予定) 施設特徴 メイ…

#1023 沖積層がやや薄いと揺れやすかった 21年10月7日の首都圏地震 

産総研地質調査総合センターが2021年10月7日深夜の首都圏地震について、沖積層の基底を揺れ(震度)を重ね合わせたマップを公表した。低地では特に揺れやすかったという傾向がみてとれた(2021/10/13)。 図2:東京低地から中川低地、荒川低地にかけ…

#1022 気象庁が特別警報(気象・噴火)の緊急速報メール配信終了 2021年10月28日

気象庁が2015年11月に開始した気象と噴火に関する特別警報の緊急速報メールによる配信を2021年10月28日に終了する。緊急地震速報、津波警報、大津波警報については継続する(2021/10/13)。 気象庁 気象/噴火特別警報の緊急速報メール配信終…

#1021 レアル・マドリード東京晴海校、ICT実装で本格オープン 2021年10月11日 

中央区晴海四丁目のレアル・マドリード公式サッカースクールが、以前告知されていたNTTグループのICTを実装して本格オープンした(2021/10/11) レアル・マドリード東京晴海校 スクール概要 クラブハウス 実装したICTソリューションについて 感想・…

#1020 2025年の大阪万博に向け交通機関はどう変わる? インフラ整備計画発表

2025年開催の大阪万博に関連するインフラ整備計画が公表された。特に交通機関に限定してどう変わっていくのか確認しておく。特に頻繁に利用する関西空港の第1ターミナルのリノベーションには注目している(2021/08/29)。 会場周辺のインフラ整備(大阪…

#1019 JR竹芝水素シャトルバス 東京駅丸の内南口↔︎竹芝地区 21年末まで運行延長

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行を開始した燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」が、運行開始から1年を超えた。運行はとりあえず2021年12月31日まで延長された。緊急事態宣言が明けて、いよいよ正念場か(2021/10/09)。 メズム東…

#1018 自然死、不慮死は告知不要 不動産取引で「告げなくて良い場合」のガイドライン公表

不動産取引の際の宅地建物取引業者による「過去の人の死の告知」に関するガイドラインがまとまり公表された。原則として自然死、不慮死については告知不要とされた。背景には現状では高齢者が借りにくいといったことがあるようだ(2021/10/08) ガイドライン…

2021/10/08のメモ 昨夜(10/7)の地震に絡んだ利用の延長料金を無料に 東京自転車シェアリング

2021年10月7日深夜に最大震度5強を観測した地震に絡み、ドコモ・バイクシェアがシェアサイクル利用者の延長料金を無料とする措置を発表した。東京11区の相互乗り入れは「東京自転車シェアリングプロジェクト」という名称になっていた。もちろん今…

#1017 2021年10月7日夜の地震について 都内で東日本大震災以来の震度5強

2021年10月7日夜、東京都内で震度5強を観測する強い地震があった。東京都内での震度5強は2011年3月11日発生の東日本大震災以来だそうだ。気象庁が詳しい地震の内容を発表したので確認しておく(2021/10/08)。 気象庁 地震の概要 長周期地震…

#1016 都心・臨海地下鉄新線推進大会2021は11月24日開催 先着順

都心部・臨海地域地下鉄構想の実現を目指す「新線推進大会」が2021年は11月24日に開催される。推進大会の開催は4回目で参加は先着順(2021/10/03)。 中央区 推進大会開催概要 参考 2020年の推進大会 感想・まとめ 参考

#1015 ゼロベース有明、営業終了 営業期間は1年2カ月

江東区有明の「ゼロベース有明ポップアップモール&パーク」が新型コロナに翻弄された営業を終了した(2021/10/06)。 ゼロベース有明公式サイト 「ポップアッポモール」について 営業期間は1年2カ月 感想・まとめ 参考

#1014 旧晴海3号上屋、4号上屋に加え旧鈴江倉庫も解体 2024年度解体終了へ

東京2020大会で事務棟や倉庫として使われた「旧晴海3号上屋、4号上屋」と「旧鈴江倉庫」が解体工事入りする。終了は2024年度見込み(2021/10/05)。 中の人撮影 解体の概要 感想・まとめ 参考

#1013 晴海オータムフェスタ・フォトコンテスト開始 もしかして最終回?

取り壊しが決まっている晴海客船ターミナルをモチーフに、おそらく最後となりそうな「晴海オータムフェスティバル・フォトコンテスト」が始まった。今回の応募テーマは「海の玄関・晴海客船ターミナルと東京港の船のある風景」。頑張って応募してみようかな…

#1012 自治体がマンション管理を認定する制度 2022年4月開始、認定基準は「最低ライン」か

地方自治体がマンション管理を評価する「マンション管理計画認定制度」が2022年4月にスタートする。認定基準案が公表されているので内容を見ておく(2021/10/04)。 国土交通省 管理計画認定制度の概要 認定取得マンションのメリット 認定基準案の項目 …

#1011 東京BRTが正着制御モニター再募集 ハロウィーンバスで実施か?

バスステーションに自動幅寄せする正着制御について、東京BRTが2021年10月22日以降の3日間、実証実験を実施する。実験にあたって一般の乗客をモニターとして募集する。車いすを利用される方やベビーカーをお持ちの方は参加してみてはどうだろう…

#1010 臨海地下鉄新線は東京都の6番手

都心部・臨海地下鉄新線事業の政治的な立ち位置は東京都で6番手なのだそうだ。中央副区長が述べたもので、改めて東京8号線延伸などに劣後していることを確認した形(2021/09/30)。 副区長発言の概要 臨海地下鉄が6番手とは? 感想・まとめ 参考

#1009 祝!東京BRT、1歳の誕生日 2021年10月1日

9東京BRTがプレ運行を開始した2020年10月1日から1歳の誕生日を迎えた。この1年を過去のエントリから振り返ってみる(2021/09/30)。 中の人撮影=2021/09/30 プレ運行スタートは20年10月1日 定時性と速達性を3カ月間検証。いずれも十分だ…