どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

シェアサイクル・次世代モビリティ

#1225 電動キックボード、免許不要に 改正道交法成立で何が変わる

2022年4月19日に改正道路交通法が成立し、16歳以上の場合、免許なしで電動キックボードに乗れるようになる見通しとなった。 施行は2年後の見込み。今回の改正法では「運転」とは別に「特定自動運行」という言葉が出てきたり、「原動機付自転車」の…

#1190 ドコモバイクシェア、13区目は練馬区 2022年4月1日から

東京23区でシェアサイクル事業を展開する「ドコモ・バイクシェア」が、2022年4月1日、練馬区でサービスを開始する。練馬区は5年間の社会実験の末に相互乗り入れ参加となった。これにより、ドコモバイクシェアの「領土」は23区のうち13区となる…

#1188 都心3区+江東区でタクシーの相乗りサービス 2022年2月24日から

nearMeが提供するまちなかのタクシー相乗りサービス「nearMe. Town」が2022年2月24日から中央区、千代田区、港区、江東区の全域でサービスを展開している。さらに3月10日付で、三井不動産と系列のShareTomorrowが提供していた移動サービス「&MO…

#1173 ハローサイクリング、ドコモバイクシェアが共に値上げを発表 2022年4月1日

自転車シェアリングの2大巨頭、ドコモバイクシェアとハローサイクリングが利用料金の値上げをそろって発表した。 ハローサイクリングの料金改定 参考:改訂前 ドコモバイクシェアの料金値上げについて 改定内容 30分以降、30分ごとに発生する加算料金5…

#1163 ドコモバイクシェア、12区目は杉並区 2022年2月25日から

東京23区でシェアサイクル事業を展開する「ドコモ・バイクシェア」が、2022年2月25日、杉並区でサービスを開始する。これにより、ドコモバイクシェアの「領土」は23区のうち過半数の12区となる(2022/02/21)。 中の人作成 概要 参考 ドコモバ…

#1151 子供乗せ電動自転車のサブスクサービス 赤羽駅など4箇所、2022年4月開始 

2022年4月に赤羽駅などJR駅チカ4箇所で子供乗せ電動自転車のサブスクサービスがスタートする。駅チカ専用駐輪場とメーカーメンテナンスなどが用意されて月額税込6600円(年間契約の場合)から。子供乗せの電動自転車は稼働期間の割にお金がかか…

#1144 電動キックボートシェアリングのLUUP、微妙な料金改定 70分以上なら割安に

東京湾岸エリアでのサービス提供を開始した電動キックボードのシェアリングサービスを展開するLUUP。2022年3月1日からの料金改定を発表した。4分以上1時間10分以内の利用で従来よりわずかに安くなるようだ。利用には運転免許証が必要なようだ…

#1142 丸の内エリアで空飛ぶクルマの一般向け実証実験 VR体験車両使用

丸の内エリアで2022年2月28日と3月1日に「空飛ぶクルマ」の一般向け実証実験が行われる。VRゴーグルをかけたまま乗り込む体験車両を使って社会受容性を検証するそうだ。ただし一般向けと言っても対象は大丸有エリアのワーカーほかに限定される(2…

#1137 電動キックボートシェアリングのLUUP、東京湾岸に拡大 2022年2月6日まで無料乗り放題

電動キックボードのシェアリングサービスを展開するLUUPが2022年1月24日から東京湾岸エリアでのサービス提供を開始した。利用には運転免許証が必要なようだ(小型特殊自動車に該当。原付免許では利用できない)。2月6日までの期間、60分間は…

#1111 ららぽーと豊洲にオンデマンドの送迎シャトル導入 門前仲町エリアから

三井不動産がららぽーとなどの商業施設やホテル、マンション利用者向けの新しい移動サービス「&MOVE」の提供を開始している。近隣ではららぽーと豊洲が門前仲町エリアとの間でオンデマンド型の送迎サービス(当面無料)を2021年12月24日からス…

#1106 タクシー月5000円で定額乗り放題 「mobi」全国拡大

KDDIとウィラートラベルが概ね半径2キロ以内のエリアでタクシー定額乗り放題となる交通サービス、「mobi」(モビ)を2022年1月から共同で提供する。都内では渋谷区での運用が始まり2022年の豊島区での導入が告知されている。全国22エリ…

#1075 「赤チャリ」東京・川崎エリアで延長料金↑ 仙台の値上げ波及、2022年2月から

#971(2021年8月)のエントリで、ドコモバイクシェアの利用料金が自転車不足を理由に仙台エリアで値上げされることを書いた。具体的には延長利用料金が55円引き上げられる内容だったが、2022年2月以降、東京エリアでも引き上げられることに…

#1067 ★速報★ドコモバイクシェア1日1回初乗り無料に トヨタウォレット使用で

ちょっと意味がわからない「キャンペーン」が始まった。通称「赤チャリ」こと、ドコモバイクシェアの初乗りが1日1回限定で無料になっちゃうというキャンペーンを天下のトヨタ様が仕掛けてきた。トヨタ様が初乗り料金を負担してくれちゃうっていう話のよう…

#1044 「空飛ぶクルマ」の型式証明、国内初申請 2021年10月29日

2021年10月29日、国内では初めてとなる「空飛ぶクルマ」の型式証明申請が行われた。申請したのは「スカイドライブ」社。申請は国土交通省に受理され、今後強度試験や飛行試験など審査・検査を経て型式証明書の発行を目指す。事業開始は大阪で202…

2021/10/08のメモ 昨夜(10/7)の地震に絡んだ利用の延長料金を無料に 東京自転車シェアリング

2021年10月7日深夜に最大震度5強を観測した地震に絡み、ドコモ・バイクシェアがシェアサイクル利用者の延長料金を無料とする措置を発表した。東京11区の相互乗り入れは「東京自転車シェアリングプロジェクト」という名称になっていた。もちろん今…

#971 ドコモバイクシェア、仙台で料金値上げ 東京に波及も? 2021年10月

ドコモシェアバイクが仙台市で展開する「仙台コミュニティサイクルDATE BIKE」の利用料金値上げが告知された。現状は東京エリアと同じ料金体系で、2021年10月1日以降、1回利用、月額利用とも料金が値上げされる(2021/08/25)。 ドコモバイクシェア …

#910 ドコモ赤チャリ、無料のバッテリー交換サービス開始 2021年7月1日

ドコモバイクシェアの通称「赤チャリ」の無料バッテリー交換サービスが始まることになった。交換場所は都内だと一部のドコモショップ。開始は2021年7月1日。本エントリでは交換可能店舗を示す(2021/06/29)。 ドコモバイクシェア 概要 対象店舗 中央…

#863 JR東日本はオープンストリートと組んだぞ! どうなる東京のシェアサイクル

シェアサイクル国内大手2社のうち、JR東日本とソフトバンク系のオープンストリートが資本業務提携する。高いポート密度で結果として地下鉄ネットワークとの連携が成立しているドコモバイクシェア。オープンストリートはJR駅近傍のシェアサイクル拠点を…

#855 シェアサイクル国内大手2社の決算をみる ドコモバイクシェアとオープンストリート

事業採算性が最大の課題とされるシェアサイクル。国内大手2社の決算を比較してみる(2021/05/04)。 ドコモバイクシェアとオープンストリートの決算 採算性について 参考:撤退事業者(国内) 参考:4区で8割が利用 参考:公開空地にポートが設置できない…

#837 ドコモの赤チャリ、QRコードによる開錠装置導入 2021年4月26日

ドコモバイクシェアのシェアサイクルで、開錠の時に使う「赤くて四角い」装置に加え、新たに「黒くて丸い」装置が2021年4月26日以降順次導入されることになった(大阪)。これまではテンキーによるコード入力だったが、新しい装置ではQRコード読み…

#816 ドコモバイクシェア、法人定額会員の利用料金を値上げ 2021年5月〜

東京23区でシェアサイクル事業を展開する「ドコモ・バイクシェア」の法人定額料金が2021年5月1日から値上げされる(2021/04/01)。 (ドコモバイクシェア)=赤枠加筆 料金改定の概要 変更点 参考 利用料金グラフ 感想・まとめ 参考

#764 電動キックボードシェアの実証実験結果について

産業競争力強化法「新事業特例制度」の特例措置(いわゆるサンドボックス制度)に基づく電動キックボードシェアの実証実験が全国各地で進められている。実証実験は2021年3月に終了、次のフェーズに移行すると思われる。ここでは特例措置以前の実証実験…

#663 大丸有地区で電動キックボードの公道走行実証開始 感染拡大防止のため有料レンタル方式

大手町、丸の内、有楽町(大丸有)地区で、電動キックボードの公道走行実証実験が始まった。2021年3月中旬までの予定。公募資料を見ると月3000円(半年間)のレンタル方式、100台規模での実施となっている。10月29日現在「申し込み」は継続…

#612 羽田「HICity」で国内初の自律走行バスが定常運行開始 2020年9月18日

羽田空港に隣接する「HANEDA INOVATION CITY」(HiCity=エイチ・アイ・シティ)の敷地内で、2020年9月18日から日本で初めて、自律走行バスの定常運行が始まるそうだ(2020/02/06)。 (HICITY) haneda-innovation-c…

#553 ドコモバイクシェア、11区目は中野区 2020年7月20日から相互利用可能に

東京23区でシェアサイクル事業を展開する「ドコモ・バイクシェア」が、2020年7月20日、中野区でサービスを開始する。これにより、ドコモバイクシェアの「領土」は23区のうち11区となる(2020/07/16)。 (中の人作成) 概要 参考 ドコモバイク…

#524 羽田「HICity」は2020年7月3日開業 天空橋駅に「副駅名称」も

羽田空港跡地第1ゾーンの「HICity」のまち開きが2020年7月3日になった。研究施設群に先行して店舗、テナントが順次オープンする(2020/06/17)。 (HICITY)=エイチ・アイ.シティと読む HICityの概要 スケジュール 天空橋駅地下…

#375 羽田「HICity」まちびらきは2020年7月初旬 自律走行バス、恒常的導入!

羽田空港跡地第1ゾーンで開発が進められている「HANEDA INNOVATION CITY」のまち開きが2020年7月初旬となることがアナウンスされた。合わせてまちの概要も発表された。日本で初めて、自律走行バスが恒常的に導入されるなど、意欲…

#202 晴海選手村に「e-Palette」「APM」は導入確定か トヨタ自動車

トヨタ開発の次世代型モビリティ「e-Palette」をはじめとする数種類の車両が紹介されていた。晴海選手村導入を明示した動画もあったので、概要をメモしておく(2019/07/28)。 youtu.be(トヨタ自動車) 概要 ①e-palette=自動運転車。選…

#199 荒川区はSB系シェアサイクル導入、8月から 2019年度中に墨田区、足立区でも開始へ

東京都荒川区が2019年8月1日からシェアサイクルの実証実験を開始する。都心部を中心に相互乗り入れサービスが拡大している「ドコモバクシェア」ではなく全国シェア1位でソフトバンク系の「ハローサイクリング」のサービスを利用する。 (ハローサイク…

#195 トヨタ開発の大会専用モビリティEV「APM」、選手村ほかに200台導入

旧ブログ(dorattara!)で紹介した東京2020大会向けのモビリティサービス専用EV「APM」(ACCESSIBLE PEOPLE MOVER)が公開された。広大な会場敷地内や選手村内の来場者、大会関係者の移動に200台導入される(2019/07/19)。 参考:旧エントリ do…