どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1019 JR竹芝水素シャトルバス 東京駅丸の内南口↔︎竹芝地区 21年末まで運行延長

ウォーターズ竹芝のまちびらきに合わせて運行を開始した燃料電池バス「JR竹芝水素シャトルバス」が、運行開始から1年を超えた。運行はとりあえず2021年12月31日まで延長された。緊急事態宣言が明けて、いよいよ正念場か(2021/10/09)。

f:id:dorattara:20211010005113p:plain

メズム東京

「JR竹芝水素シャトルバス」の概要

f:id:dorattara:20211010004851j:plain

JR竹芝水素シャトルバス=中の人撮影、2021/10/09


芝浦水素シャトル

運行期間

 運行開始 2020年10月24日

 運行期間 2021年12月31日

  ※さらに運行継続の可能性がある

乗車料金 無料

運行ルート 東京駅丸の内口〜竹芝地区(2箇所)

運行ダイヤ

f:id:dorattara:20211010004329p:plain

平日ダイヤ=メズム東京

f:id:dorattara:20211010004356p:plain

土休日ダイヤ=メズム東京

運行ルート

f:id:dorattara:20211010003640p:plain

メズム東京

乗り場案内

f:id:dorattara:20211010003724p:plain

メズム東京

f:id:dorattara:20201014135125p:plain

JR東日本) 

感想・まとめ

 2021年3月末までとしていた竹芝水素シャトルバスの運行は、ひとまず年末まで延長された。東京2020大会では観客の玄関口となるはずだった東京駅と日の出・竹芝間を結ぶ無料バスの運行だが、無観客のまま大会が終わり、運行継続はいよいよ正念場だろうか。

 緊急事態宣言が明けて、どの程度需要が戻るのか。

 かなり心配ではある。

参考 

21年10月〜12月 JR竹芝水素シャトルバスのご案内(メズム東京)