dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#612 羽田「HICity」で国内初の自律走行バスが定常運行開始 2020年9月18日

羽田空港に隣接する「HANEDA INOVATION CITY」(HiCity=エイチ・アイ・シティ)の敷地内で、2020年9月18日から日本で初めて、自律走行バスの定常運行が始まるそうだ(2020/02/06)。

f:id:dorattara:20200206103416j:plain

(HICITY)

haneda-innovation-city.com

自律走行バスの定常運行について

場所 大田区羽田空港1、2丁目の一部。天空橋駅すぐ

f:id:dorattara:20200206111332p:plain

(羽田みらい開発ほか)
・自動運転車両走行プラットフォームを使って遠隔地のオペレーターが自律走行バスと自律走行低速電動カートの運行管理をする(実証実験)。

①自律走行バス「NAVYA ARMA」の運行

 運転手不足などの課題解決に向けて施設構内循環バスとして導入。将来的には施設外との循環バスへの転用を目指す。運転手提供役務は日本交通に移管される。

f:id:dorattara:20200912004137p:plain

  (羽田みらい開発ほか)

運行開始 2020年9月18日

運行時間 1030−1330/1430ー1630

乗車定員 11人(誰でも乗車可能)

運賃 無料

走行ルート 1階通路部分(下図)

②歩行者の混在する場所への自律走行低速電動カート導入(実証実験)

新たな交通手段確保を目指し、施設2階デッキ内の2地点を結ぶカートを導入。施設内の移動利便性向上、自動運転車両への社会受容性向上についての検証を実施。

f:id:dorattara:20200912004021p:plain

(羽田みらい開発ほか)

実証期間

 2020年9月18日〜22日、24日〜26日

 10月1日〜3日、8日〜10日

実証時間 1000−1200/1300−1700

乗車定員 8人

運賃 無料

ルート 2階デッキ部分(下図=2地点を往復)

③そのほか

・複数の自動運転モビリティの遠隔監視システム導入

・自動運転技術を活用したパーソナルモビリティ(WHILL)の実験的導入

が行われる。

 

走行ルート(バス=ピンク色/カート=紫色)

f:id:dorattara:20200912003528p:plain

(羽田みらい開発ほか)

感想・まとめ

 資料では自律走行バス「NAVYA ARMA」を「特別装置自動車」と呼んでいる。通常の車両の様にハンドルやブレーキがない特別な装置で運行される自動車ということだろう。自動運転前提で開発された「NAVYA ARMA」にはハンドル、ブレーキがなかった。

dorattara.hatenablog.com

 運行は構内循環に限定されていて、敷地外へのルートで定常運行するのはまだまだ先になる。乗る人を選ばないそうなので、今度乗りに行ってみよう。

参考

 

haneda-innovation-city.com