どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#688 国内自治体初の自動運転バスの定常運行開始 2020年11月26日、茨城・境町で

茨城県境町で、2020年11月26日から公道を自律走行するバスの実用運転がスタートした。当初4月の運行開始を告知していたので7ヶ月遅れとなる。参画するソフトバンクの子会社、BOLDLYは「定員11人以上の車両が一般の人の移動手段として、期間を限定せず、ほどんどの区間を自律走行させるのは初めて」と説明している(2020/11/26)。

f:id:dorattara:20201127022040p:plain

ソフトバンク

自動運転バスの定常運行について

このブログでも比較的よく登場している「ナビヤアルマ」を使った運行になる。

国内自治体が自動運転バスを公道で実用化したのは初めて(BOLDLY調べ)。

茨城県境町

どの辺なのか調べてみたら、利根川と江戸川の合流部付近だった。

f:id:dorattara:20200128002356p:plain

(グーグルアース)

導入の背景

・人口減少や高齢化などの課題があったが、バスターミナルから成田空港の直通バスなどの公共交通網整備、スポーツ施設などの拠点施設整備で人口減少に歯止めかかりつつある。

・拠点施設を中心に町内の回遊性向上、さらなる人口増加と地域活性化を狙う。

運行ルートとダイヤ

f:id:dorattara:20201127022453p:plain

ソフトバンク

・平日のみ運行(荒天運休)

・ナビヤアルマは3台導入。

・3台のうち1台で運行開始。

→準備が出来次第、2台体制に移行。1日16便体制に拡充する(残り1台は予備)

・便数とルートは要望に応じて拡大、バス停も追加設置する

・無料

時刻表

「境シンパシーホール」発

運行開始時 8便/日

 1000 1100 1400 1500

追加予定

 1030 1130 1430 1530

「河岸の駅さかい」発

運行開始時 8便/日

 1030 1130 1430 1530

追加予定

 1000 1100 1400 1500

参考:当初の運行予計画

f:id:dorattara:20200127185945p:plain

(SBドライブ)

・運行開始 2020年4月

・定時、定路線で運行。

・全長5キロ(片道約2・5キロ)。東京BRTだと勝どき→晴海ぐらい。

f:id:dorattara:20201005193100p:plain

・運行台数 当初ナビヤアルマ1台、夏をめどに町が3台追加購入

・勤労青少年ホーム/河岸の駅さかい間を折り返し運転。

・中間バス停は西南医療センター/自動車学校/カスミ/郵便局/境小学校前/常陽銀行

(その他)

・当初はドライバー+保安要員(説明員)2名の3人が同乗する。

・自動運転レベルは2だが、ドライバーの介入は原則行なわず、定期運行ルートを走行する能力があるため、「実質レベル4相当」の自動運転技術が使われている。

・1日3〜4往復程度。民営バスの混ざる形で運行。

・運賃無料

感想・まとめ

自動運転バスの定常運行開始は感慨深い。

当初計画とかなり内容が変わった。

当初より7ヶ月遅れの開始は、新型コロナの影響もあるのだろう。

どんな効果が表れてくるのかに注目したい。

参考

自治体として初めて、茨城県堺町が自動運転バスの定常運行を開始(ソフトバンク)