dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#302 自動運転サービス、全国初の本格導入 秋田県内で2019年11月30日スタート

全国で初めての自動運転サービスが秋田県上小阿仁村(かみこあにむら)で本格導入される。高齢者の送迎が目的で、サービス開始は2019年11月30日。今後、貨物輸送も視野に入れている。「2020年に限定地域で無人自動運転移動サービスの提供を実現」という政府目標に沿ったもの(2019/11/23)。

 

f:id:dorattara:20191123061138p:plain

(中の人作成)

概要

サービス開始 2019年11月30日

技術レベル レベル4(専用空間)+レベル2(混在交通:公道)

走行ルート 道の駅「かみこあに」を拠点とした各集落を結ぶルート 約4キロ

運賃 200円/回

運送料 200円/回(サービス開始時期は調整中)

運営主体 NPO法人

使用車両 ヤマハ製 最大定員7人、速度 時速12キロ

f:id:dorattara:20191123060826j:plain

国土交通省

 

運転手 地元の有償ボランティア。乗車して運行監視する。運転操作はしない

サービス内容 高齢者送迎、農作物、日用品配送など

運行ダイヤ 定期便 午前1便、午後1便+デマンド(定期便の隙間の時間)

運行ルート 3

f:id:dorattara:20191123060437p:plain

国土交通省

実現のポイント

・地域の協力で一般交通が侵入しない専用空間を確保

・貨客混載により、道の駅への農産物輸送、道の駅や地元商店からの商品配送を実現

上小阿仁村社会福祉協議会の高齢者対象の社会副次事業との連携

感想・まとめ

 今回はヤマハの車両を使うということで、「路車連携型」技術が使われる。道路に埋設された電磁誘導線からの磁力を感知して設定ルートを走行するもの。

 初期段階の自動運転サービスは中山間地域が向いているのかな。全国の実証実験を見ても都心部ではなく、まずは郊外や中山間地域を中心に広がっていくのだろう。

 今回の1番のポイントは一般交通の流入しない「専用空間」の確保か。無人自動運転のハードルがかなり下がる。

 どのように広がっていくのかに注目したい。

参考

www.mlit.go.jp