どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1278 豊洲、有明は調査対象除外 2022年第1四半期の地価LOOKレポート

2022年6月7日、3カ月ごとに発表される主要都市の高度利用地地価動向報告=地価LOOKレポートが発表された。このレポートは不動産鑑定士が全国80地区についての不動産市場の動向に関する情報を集めて地価動向を調べ、国土交通省でまとめたもの。

 調査対象は前回まで全国100地区だったものが、20地区削られた。

 東京では品川、豊洲有明、立川、日本橋、赤坂が廃止された。

対象期間 2022年1月1日〜2022年4月1日
東京臨海部で唯一残った佃・月島について現況と前期の比較をしていく。 
 
東京都区部の地価動向

東京都区部の地価動向(2022年1ー4月)

参考:直前の四半期

f:id:dorattara:20220222232638p:plain

東京都区部の地価動向(2021年10月〜22年1月)

全体概要

 東京圏35地点に大きな変動はない。下落地点が半減したぐらいか。

 全体概要 80地点(前回80地点で比較)

 上昇  46地点(前回45地点)
 横ばい 21地点(前回19地点)
 下落  13地点(前回16地点)
東京圏概要(35地点)
 上昇 19地点(前回18地点)
 横ばい13地点(前回11地点)
 下落  3地点(前回 6地点)
変動率区分
 上方変動 4地点
 下方変動 0地点
全国住宅(23地点)
 上昇 22地点(前回22地点)
 横ばい 1地点(前回 1地点)
 下落  0地点(前回 0地点)

東京臨海部概要

▼佃・月島(0〜3%上昇 前期:0〜3%上昇)

(現況)人口は増加傾向から横ばいに移行

当地区は銀座等の都心への優れた接近性を備えるとともに、東京タワーや東京スカイツリー等のランドマーク施設や河川等に囲まれた変化に富んだ眺望が得られることから、分譲・賃貸ともに高層マンションの需要が強い。新型コロナウイルス感染症の感染拡大以降、人口・世帯数共に概ね横ばい傾向で推移しており、今後もBRTの本格運行や環状2号線の整備等の都市基盤整備による利便性の向上のほか、子育て関連施設などの生活利便施設の拡充等も進んでいることから、さらなる発展が期待される。新型コロナウイルス感染症の影響は長期化しているものの、当地区への影響は小さく、新築マンションに対する販売状況は引き続き好調である。また、中古マンション市況についても活発な状態であり、需給動向に大きな変化は生じておらず販売在庫数でも安定した推移が見られる。当地区の安定したマンション市況や周辺で見込まれる開発への期待感を背景に、新築及び中古マンション共にマンション分譲等の価格は緩やかに上昇している。このような状況から、デベロッパー等によるマンション開発素地に対する需要が強く、取引利回りは横ばいが続き、取引価格は緩やかな上昇傾向にあることから当期の地価動向もやや上昇で推移した。

(前期現況)

当地区は銀座等の都心への優れた接近性を備えるとともに、東京タワーや東京スカイツリー等のランドマーク施設や河川等に囲まれた変化に富んだ眺望が得られることから、分譲・賃貸ともに高層マンションの需要が強い。また、人口・世帯数共に増加傾向にあり、BRTのプレ運行や環状2号線の整備等の都市基盤整備による利便性の向上のほか、子育て関連施設などの生活利便施設の拡充等も進んでいることから、さらなる発展が期待される。新型コロナウイルス感染症の影響は長期化しているものの、当地区への影響は小さく、新築マンションに対する販売状況は引き続き好調である。
また、中古マンション市況についても活発な状態であり、需給動向に大きな変化は生じておらず販売在庫数でも安定した推移が見られる。当地区の安定したマンション市況や周辺で見込まれる開発への期待感を背景に、新築及び中古マンション共にマンション分譲等の価格は緩やかに上昇している。このような状況から、デベロッパー等によるマンション開発素地に対する需要が強く、取引利回りは横ばいが続き、取引価格は緩やかな上昇傾向にあることから当期の地価動向もやや上昇で推移した。

(今後)

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化することにより市況悪化の懸念は残るものの、当地区の根強いマンション需要に支えられ、マンション分譲価格については緩やかな上昇傾向が続くと見込まれることから、将来の地価動向はやや上昇で推移すると予想される。

(前期の今後)

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化することにより市況悪化の懸念は残るものの、当地区の根強いマンション需要に支えられ、マンション分譲価格については上昇傾向が続くと見込まれることから、将来の地価動向はやや上昇で推移すると予想される。

参考:都区部で上方修正となったところ

 丸の内     横ばい(前回 0〜3%下落)

 有楽町・日比谷 横ばい(前回 0〜3%下落)

 銀座中央 0〜3%上昇(前回 横ばい)

 八重洲     横ばい(前回 0〜3%下落)

参考:都区部で下方修正となったところ

 なし

感想・まとめ

今回のポイントは2つ。

(1)東京臨海部の調査地点3箇所のうち、豊洲有明が廃止されたこと。

(2)佃・月島地区の人口が増加傾向から横ばいに移行したことが記載されたこと

それ以外に大きな変更はない。

東京都心の商業地区でも概ね下落局面は終了、横ばい〜上昇に転じてきているようだ。

参考

www.mlit.go.jp