どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1180 東京BRTプレ2次は2022年夏〜秋か 晴海ルートの豊洲延伸は後回しの公算

都心と臨海地域を結ぶBRTの施設整備が遅れている問題で、東京都が2022年3月8日、今後の対応を発表した。「速やか」に整備可能な3カ所の停留所を整備するそうだ。全体を見るとプレ運行二次のルート変更、運行開始時期の遅れが予想される。運行開始は早ければ2022年夏〜秋で、晴海〜豊洲〜メブクスルートはさらに遅れそう(2022/03/08)。

f:id:dorattara:20220308232915p:plain

プレ運行(二次)ルート=東京都

東京都発表の内容

f:id:dorattara:20220308233815p:plain

都心と臨海地域とを結ぶBRTに関する施設整備について=東京都

経緯

2021年3月 プレ運行(二次)に必要な停留所の施設工事を実施するため起工

2022年1月 応札なく契約不調

不調理由(入札参加者にヒヤリング)

施工箇所が7カ所に点在する

複数の技術者を確保することが困難

今後の対応

速やかに工事可能な3カ所の停留所を整備する(豊洲市場前、有明テニスの森、国際展示場)

その後、その他の停留所を整備する

プレ運行(二次)のルートや開始時期は決まり次第、東京都BRTホームページで告知

感想・まとめ

今後の対応の中に、「プレ運行(二次)のルートや開始時期は決まり次第」と書かれている点が気になった。ルートが計画通りなら、わざわざルートと書く必要はないので、何らかの変更があるのだろう。

今回告知された停留所整備のうち、先行整備の3カ所が終われば、プレ運行(二次)の幹線ルートのうち、東京テレポートを除く区間は運行が可能となるので、国際展示場〜虎ノ門の折り返しで運行をスタートさせると思う(運行ルートの変更)。

また、豊洲〜メブクスルートは「その後、その他停留所を整備する」段階での対応になると思うので、若干先送りになるだろう。あるいは、豊洲や晴海中央をスルーする形の運行もあるかも(運行開始時期の変更)。

・・・

発表があった3カ所の停留所工事の入札時期について

東京都議会の石島議員が「年度内(3月中)に入札、着工の準備」と書いている。

 石島議員は2021年12月の時点で2022年ゴールデンウィーク前後の運行開始をツイートしていた。当時のスケジュールからはすでに少なくとも3カ月遅れとなっているので、プレ運行(プレ)二次は早くて2022年夏〜秋か。10月1日とかじゃないかな。

豊洲〜メブクスルートはさらに遅れそうだ。

参考

f:id:dorattara:20220309061539p:plain

東京都