どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1250 晴海センタービル売却 ジャパンリアルエステイト投資法人

中央区晴海二丁目の「晴海センタービル」の売却が発表された。現所有者は三菱地所系のジャパンリアルエステイト投資法人で譲渡先は非開示。この法人は2022年3月に豊洲フロントを取得(持分24%)していて、取得資金をほぼ賄える金額での売却となった。2022年5月現在、入居者募集をしていて入居時期は2022年12月となっている(2022/05/17)。

晴海センタービル

晴海センタービル概要

ビルの所在地

所在地 中央区晴海二丁目

建築時期 2006年11月

用途 店舗・事務所

地上10階

テナント数 12

総賃貸面積 20812㎡

入居率 100%(2022年3月末)

譲渡の概要

ジャパンリアルエステイト投資法人

譲渡資産名称 晴海センタービル

所有者 ジャパンリアルエステイト投資法人(2007年12月引き渡し)

譲渡先:非開示

譲渡額   243億3000万円

想定譲渡損益 33億4600万円

譲渡日 2022年5月31日

譲渡理由

湾岸エリア杯での立地の分散化を図るポートフォリオ入れ替え戦略の一環。

豊洲フロント取得も入れ替え戦略の一つ。

参考 入居募集状況(2022/05/17)、CBRE

晴海センタービルの入居者募集状況=CBRE

・入居開始は2022年12月が大半。

参考:豊洲フロントの信託受益権取得(持分24%)

豊洲フロント

取得資産名称 豊洲フロント(持分割合 24%)

取得者 ジャパンリアルエステイト投資法人

取得価格 255億円

取得先 三菱地所

取得日 2022年3月28日

取得理由

都心への良好なアクセスと都心部と比べた割安な賃料水準を実現する競争力の高い物件。

感想・まとめ

メモ。金額的には豊洲フロントの取得費用を、晴海センタービルの売却で賄ったということになるのだろうか。すると、晴海フロント1棟と豊洲フロントの1/4が入れ替わった形になる。

新たな入居者がどれだけ埋まるかに注目。

思いもよらないテナントが入ることもありうる。

参考

国内不動産の譲渡に関するお知らせ(ジャパンリアルエステイト投資法人)