どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1249 「うめきた公園(大阪)」の本格工事はじまる 2027年春、全体開園 都市公園としては世界最大級 

西日本最大のターミナル駅「JR大阪駅」の北側につくられる計画のおよそ4・5ヘクタールもの広さの公園「うめきた公園(仮称)」は本格工事スタートが告知された。都市公園としては世界最大級という。公園の全体開園は2027年春の予定(2022/05/16)。

公園全体計画図=三菱地所

うめきた公園(仮称)の概要

うめきた公園(仮称)の様子=グーグルアース

・公園面積 45000㎡

・オフィス、商業施設、中核機能、ホテル、分譲住宅等で構成する民間宅地と一体的・シームレスに整備する。

・最大高さ3mの盛り土を南北の公園を跨いでうねるように配置。

・3つの主要空間「リフレクション広場」「うめきたの森」「ステッププラザ」

・道路を挟んで上空通路「ひらめきの道」でつなぎ、一体性を高める

南公園・・・都市的な空見

南公園部分

南公園の空間イメージ=三菱地所

・リフレクション広場は大屋根イベントスペースとの一体利用により1万人規模のイベント開催可能

北公園・・・緑の多い自然豊かな空間

北公園部分

北公園の空間イメージ

・豊かな緑とダイナミックな水景のある憩いの空間「うめきたの森」。桜も楽しめる

公園施設配置計画

公園施設配置計画=三菱地所

・大屋根施設

 大屋根イベントスペース/情報発信棟/カフェ・レストラン棟

・スポーツキューブ

・パーティレストラン

ネクスイノベーションミュージアム

・みんなのキューブ 多目的スペース、市民活動の拠点

エデュテイメントキューブ 遊びと学びの体験施設

・ひらめきの道 上空の歩行者デッキ

・ビューレストラン 飲食施設

スケジュール

 2024年夏頃 先行まちびらき 民間宅地の一部とうめきた公園(仮称)の一部

(2025年)  大阪・関西万博開催

 2027年春頃 うめきた公園(仮称)の全体開園

 2027年度  全体まちびらき

感想・まとめ

 まさに人の流れを変える公園。東京で消耗していないで、大阪にに引っ越してうめきた公園(仮称)に隣接する住宅に住んだ方がいいんちゃう?

参考

「(仮称)うめきた公園」工事本格着手(三菱地所ほか)

umekita2.jp