どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1149 2022年度中央区予算案公表 地下鉄新線、築地再開発の項目がない!

2022年度中央区予算案が公表された。主な事業の中でも13の注目事業に絞って確認しておく。臨海地下鉄新線や築地再開発関連の予算計上が概要資料からはずれたのが目を引いた(2022/02/09)。

f:id:dorattara:20220209030915p:plain

中央区

2022年度予算案概要

総額   1504億8962万円(前年度比 14・5%増)

一般会計 1248億1836万円(前年度比 18・4%増)

増加理由

・晴海地域交流センター(仮称)の整備(17億円増)=皆増

新型コロナウイルスワクチ ン接種(14億円増)=皆増

本の森ちゅうおう(仮称)の整備(29億円増)

市街地再開発事業助成(19億円増)

・晴海西小学校(仮称)・晴海西中学校(仮称)の整備(18億円増)

注目事業① 保育定員の拡大

私立認可保育所 定員を2年で772人増やす

・クオリスキッズ月島保育案(月島三) 84人程度

・さくらさくみらい勝どき(勝どき四) 63人程度

・さくらさくみらい新富町(築地三) 59人程度

・ほっぺるランド相生橋つくだ(佃三) 108人程度

定員 6600人(2022年4月1日・見込み)→6988人(2023年4月1日・同)

注目事業② 晴海臨海公園内の猫の保護施設の活用

保護シェルターで猫を保護できない場合に、保護シェルターで受け入れるまでの一時保護場所として活用

保護する猫 中央区内で新たに遺棄された猫、またはやむを得ず飼い主から引き取った猫

収容上限 20頭程度

注目事業③ 公園・児童遊園の改修

・堀留児童公園 広場、遊具、植栽、ベンチ=2023年11月完了予定

・佃公園 広場、管理施設=2023年2月完了予定

注目事業④ 水の都プロジェクトの推進(晴海一丁目)

f:id:dorattara:20220209035402p:plain

中央区

朝潮運河護岸上部(晴海一丁目東側)での親水性のがる護岸整備

完成予定 2022年10月

朝潮運河護岸上部(晴海一丁目中)=設計

注目事業⑤ 街路樹・街路灯の整備

道路整備に合わせて街路樹の新規植栽を実施。周辺環境と調和した街路灯を整備する

(近隣)晴海一丁目2番〜4番

注目事業⑥ 自然エネルギーおよび省エネルギー機器等導入費助成の充実

導入費用の助成枠を約1・5倍に拡大する

注目事業⑦ 中央清掃工場予熱利用設備の整備

中央清掃工場で生じる余熱を隣接する晴海地域交流センター(旧ほっとプラザはるみ)と新設の晴海西小中学校などへ供給するための余熱利用設備を整備

・2020〜21年度 実施設計

・2022〜23年度 整備工事

・2024年度 利用開始

注目事業⑧ 市街地再開発事業助成(島部のみ取り上げる)

・勝どき東地区 116億6266万円

 2028年10月完成予定 3250戸

・月島三丁目北地区 17億204万円

 2026年度完成予定

注目事業⑨ 区内共通買物券・食事券の発行

発行総額 18億円(プレミアム20%)

発行時期 2022年6月中旬

利用期限 2023年3月末

販売方法 区民・在勤者を対象に事前申込。申込多数の場合は区民優先で抽選。

注目事業⑩ 晴海西小学校(仮称)・晴海西中学校(仮称)の整備

スケジュール

 2017年度〜2019年度 基本設計、実施設計

 2021年度〜2023年度 建設工事

 2024年4月 開校予定

注目事業11 豊海小学校防潮堤の整備

敷地内に豊海地区市街地再開発事業で整備する防潮堤と一体となる防潮堤を整備

注目事業12 晴海特別出張所(仮称)等複合施設の整備

所在地 晴海四丁目

施設内容

 特別出張所、認定こども園、保健センター、お年寄り相談センター、図書館

スケジュール

 2018年度 基本設計

 2019年度 実施設計

 2021年度〜23年度 建設工事

 2024年度 開設予定

注目事業13 晴海地域交流センター(仮称)の整備、晴海事業所の改修

旧ほっとプラザはるみのリニューアル工事

主な機能 集会室、学習スペース、運動スタジオ、キッズスペース

スケジュール

 2019年度 基本設計

 2020年度 実施設計

 2021〜23年度 リニューアル工事

 2023年度 開設予定

参考:地下鉄新線、都市高速晴海線について

f:id:dorattara:20220209035122p:plain

中央区

予算案で直接の言及はないが、区内で検討が進められている都市基盤事業の図中で触れられている。

感想・まとめ

最も注目していた交通環境の改善はこんな感じ。刺さってこないわ。

f:id:dorattara:20220209080601p:plain

中央区

 ワクワク感はほとんどない。臨海地下鉄新線に関する項目はなし。築地再開発に絡む項目もなく「周辺地域とのつながりを十分に配慮した調和の取れたまちづくりや場外市場地区での安全で快適な歩行環境実現へ向けた検討(300万円)」のみ。江戸バスのルート検討については、825万円の予算計上があるので継続されるようだ。

 晴海二丁目の交通ターミナル化を強力に押し進めることや、都営バスの晴海西地区(晴海フラッグ)への新規路線誘致ぐらいは掲載して欲しかったなあ。それがないと成り立たない場所なので。

 あとホームページのリニューアルははやくやってほしい。知りたい情報に辿り着けない感は特別区随一なので。

 勝どき東の再開発助成は116億も出るのかー。

・・・

例年に比べると「祭りの後」感が滲む内容となった。

まちづくりが一段落しつつあるという寂しさを感じる。

参考

www.city.chuo.lg.jp