dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#463 国道357号「辰巳・東雲・有明立体」工事着手へ 2020年度

一般国道357号線東京湾岸道路の23・4キロ区間の一部、「辰巳・東雲・有明立体」と呼ばれる4・5キロ区間の工事が2020年度からスタートする。国道357号線東京港トンネルの事業も同じ事業の一部(2020/04/25)。

f:id:dorattara:20200425150128p:plain

(川崎国道事務所)

計画概要(東京都区間

区間 東京都江戸川区臨海町〜大田区羽田空港

f:id:dorattara:20200425150512p:plain

f:id:dorattara:20200425150555p:plain

国土交通省

計画延長・幅員 23・4キロ、100m

車線数 4〜8

計画交通量 12400〜96900台/日

事業化 1968年度

全体事業費 5083億円

辰巳・東雲・有明立体(延長4・5キロ)の構造決定

東京湾岸エリアの開発などに伴う周辺地域交通量の増加で有明、東雲、辰巳の3カ所を立体構造とすることになった(事業費約370億円増額)。

f:id:dorattara:20200425151249p:plain

f:id:dorattara:20200425150831p:plain

国土交通省

2020年度事業

事業対象は23・4キロのうちの4・5キロ。

・補助315号線・有明2丁目交差点→有明立体(0・7キロ) 調査設計

・晴海通り・東雲交差点+辰巳運河→東雲立体(0・9キロ) 調査設計・橋梁下部工事着手

三ツ目通り・辰巳交差点→辰巳立体(0・6キロ) 調査設計・橋梁下部工事着手

参考:事故状況

f:id:dorattara:20200425151702p:plain

国土交通省

・辰巳・東雲・有明立体予定地区(自動車専用部未整備区間)で旅行速度が低下。東行きの一部は終日旅行速度が時速20キロ未満に。

・死傷事故も自動車専用部未整備区間で多発。追突事故が多い。

スケジュール

工事着手 2020年以降

感想・まとめ

 これができると、旅行速度は相当上がるだろうし、信号が減って加減速区間も少なくなるので、事故も減るだろう。

 事業期間がいつまで、というのが明記されていないのでいつ開通するのか、というのは軽く調べた範囲ではよくわからない。

 こういう工事がある、というのを覚えておこうか。

参考

f:id:dorattara:20200425152933p:plain

(川崎国道事務所)