どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1617 有明GYM-EXは2023年5月18日開業 19日、20日に施設見学会実施!

東京2020大会の体操競技場として使われた展示場「有明GYM-EX(ジメックス)」について、2023年5月18日のグランドオープンが発表された。19日と20日には抽選制の施設見学会が開かれる(2023/04/28)。

公式サイト

有明ジメックス施設概要

開業間近の有明ジメックス=どらったら!

東京2020大会で使われた有明体操競技場を改修した展示場。

施設愛称「有明GYM-EX」は地名の有明と体操のジムナスティックス、展示会を示すエキシビションを表現したもの。

構造規模 鉄骨造一部木造 地上3階建

敷地面積 約36500㎡

建築面積 約17200㎡

展示面積 約9400㎡(1階 79m×119m)

参考 施設利用料金(1日)

 0800-1530/1530-2300の利用料金

 212万3000円(税込み)、半日利用不可

各種料金も発生(電気料金、空調料金等)

施設見学会概要(抽選)

日時

①2023年5月19日 1000/1330

②2023年5月20日 1000/1330(子供向け、1枠に子供3人まで)

・計4回実施。各回1時間半程度

参加者 各回定員25人まで(応募多数の場合抽選)

申し込み方法:末尾「参考リンク」から

参考:アクセスに「BRTでお越しの方」 新橋から17分表記

公式サイト

公式サイト

参考 旧有明体操競技場について

東京都の「有明体操競技場の計画の目的及び内容」によると、東京2020大会後、展示場として10年程度活用する予定であることが明記されている。

当初、仮設施設として建設する予定だったが、体操競技を行うために必要な広さ、天井高を確保して、観客席12000席を設置するには、法令上、恒久施設と同等に構造が必要となることから、建設費が膨れ上がり、大会後の活用を考えることになったというもの。

300〜400億の建設費+維持運用コストが必要ということで、東京2020大会前にかなりの議論になっていた。

 また暫定的に10年間の利用とされているが、10年後の扱いは周辺の状況を見て対応が検討されるとなっている。暫定利用は10年で終了と明確になっていないようだ。

#1256 有明体操競技場「跡地」に1万平米級の新展示棟 大田区議がツイート  - どらったら!!

感想・まとめ

2022年5月に「#1256 有明体操競技場跡地に1万㎡級の新展示棟」という大田区議会議員のツイートをもとにエントリを建てたが、新展示棟というのは「有明GYM-EX」のことで、新たな建物を建てるということではないようだ。

dorattara.hatenablog.com

 公式サイトの来場者動線の図面を見ると、ゆりかもめ側に10000㎡の展示場は建てられない。新施設はなしということのようだ。

施設利用の手引き=有明GYM-EX

施設見学会に応募した。当たるといいなあ。

参考

www.bigsight.jp

有明GYM-EXのご案内