どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1028 遅れ気味の「八重洲二丁目中地区」、事業着手段階に移行 5年遅れ

東京駅八重洲口の3つの大規模再開発事業のうち、遅れ気味となっていた「八重洲二丁目中地区」の再開発組合設立がようやく認可され、事業着手段階に移行した、当初計画よりt建物の竣工は5年遅れとなり、7%ほど延面積が縮小されての事業着手となる。高さも15mほど低くなって226mとなる(2021/10/19)。

dorattara.blog.fc2.com

計画概要

所在地 中央区八重洲二丁目

f:id:dorattara:20211019101509p:plain

位置図=東京都

施設規模 約388330㎡

階数高さ 地上43階、地下3階/高さ約226m

施設用途 事務所、店舗、劇場、居住・滞在施設(サービスアパートメント)、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場など

総事業費 約3172億円

当初計画

階数高さ 地上46階、地下4階/高さ約240m

延べ面積 約418000㎡

インターナショナルスクール 約7700㎡

サービスアパートメント 約13000㎡

f:id:dorattara:20211019100938p:plain

八重洲二丁目中地区 イメージ=東京都

断面図

f:id:dorattara:20211019101918j:plain

断面図=東京都

フロア構成(断面図より)

地下4階〜地下3階 駐車場

地下2階、地下1階 バルターミナル

地下1階〜地上3階 商業施設

3階〜9階 劇場

4階 インターナショナルスクール

3階〜10階 中層事務所

10階 高層事務所ロビー

11階〜38階 高層事務所

40階〜43階 サービスアパートメント

当初計画

劇場となっているぶぶんは「ステップガーデン」とされていた。

1階 オフィスロビー、商業、劇場入り口を配置

f:id:dorattara:20211019101620p:plain

1階平面図=東京都

地下1階 バスターミナル、オフィスロビー、八重洲地下道

f:id:dorattara:20211019101728p:plain

地下1階平面図=東京都

 

スケジュール(予定)

2021年10月18日 東京都が再開発組合認可

2021年10月25日 再開発組合設立

f:id:dorattara:20200629200813p:plain

2022年度 権利変換計画認可

2024年度 工事着手

2028年度 建物竣工

参考:当初計画

2018年度 解体開始

2023年度 建物竣工

感想・まとめ

当初計画から5年遅れの竣工スケジュールが示された「八重洲二丁目中地区」市街地再開発事業。UR都市機構から示されていた八重洲バスターミナル計画では中地区を含めた全体開業が2028年となっていたので、建物の竣工に合わせて開業という日程に変更はないようだ。

f:id:dorattara:20211019103540p:plain

UR都市機構

やはり気になるのは八重洲口のバスターミナル計画への東京BRTの絡みかな。

参考

www.metro.tokyo.lg.jp

dorattara.blog.fc2.com