dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#517 日本国内で金環日食(部分) 2020年6月21日夕方

2020年6月21日夕方に全国で金環日食(部分)が見られる。日本国内は金環食帯から外れるため部分日食となる。南ほど太陽が欠け、東京では直径の半分ほど、沖縄県石垣島では9割以上が欠ける(2020/06/12)。

f:id:dorattara:20200612092552p:plain

(中の人撮影)=2012年5月、東京都内

金管日食概要

f:id:dorattara:20200612093120p:plain

国立天文台

 日本全域が食の最初から最後まで見られる区域に入っている。

 ただし、金環食帯は台湾を通るようで、日本最西端の与那国島では直径の最大93・8%(17時15分)が欠ける計算。

東京での概要

 東京では午後4時過ぎにかけ始め、1時間ほどかけて最大食分(47・1%)に達し、午後6時過ぎに食が終わる。

f:id:dorattara:20200612090149j:plain

国立天文台

参考:最大食分前後の太陽の方向

f:id:dorattara:20200612091958p:plain

(中の人作成)=沼津高専サイトを利用しています。

地理@沼津高専 - ウェブ地図

最大食分 47・1%(17時10分)

 方位角285・2度

 高度19・8度

※角度が悪くレインボーブリッジを絡めた撮影は難しいかもしれない。

参考:次回金環日食は北海道全域! ただし10年後。

感想・まとめ

今回の金環日食(部分)は、石垣島で90%を超える最大食分になる。

これぐらいかけると、薄暗くなるんだよなあ。

梅雨の時期なので、見られるかどうかは微妙。

 

裸眼で太陽を見ないように厳重注意のこと。

参考

eco.mtk.nao.ac.jp