dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#372 JR東日本が埼京線で「痴漢防止システム」の導入試験 2020年2月下旬から

大きな社会問題となっている列車内の痴漢行為防止策として、JR東日本が2020年2月下旬から埼京線スマホアプリを使った「痴漢防止システム」の実証実験を実施するそうだ。6月には実際の被害通報を想定したテストに入る(2020/02/04)。

概要

 スマホに専用アプリをインストール。アプリ内のボタンを押すと列車内で痴漢行為を受けたことを車掌に通報できる。車掌は通知内容に基づき、車内放送で注意喚起を行う。

第1段階 機能検証とお客様の反応の確認(需要性確認)

実施期間 2020年2月下旬〜3月下旬

実施路線 JR埼京線(大宮〜新宿の上下線)

実施時間帯 午前7時〜10時

試験内容

①社員とモニターがあらかじめ設定されたタイミングで専用アプリの通報ボタン押下

②乗務員のタブレット端末に通知

③車掌が試験放送であることを伝えた上で注意喚起。

 放送内容は3パターン。

パターン1 一般的なマナー放送「痴漢を見かけた方はお知らせください」

パターン2 迷惑行為があったことを伝える放送「車内のお客様より迷惑行為の連絡がありました」

パターン3 ○号車から痴漢通報があったことを伝える放送「○号車のお客様より痴漢の通報がありました」

f:id:dorattara:20200204162017p:plain

JR東日本

 

第2段階 専用アプリの痴漢防止効果確認

実施期間 2020年6月以降

実施路線 JR埼京線

試験内容

①モニターによる通報(痴漢行為を受けたと認識した場合)

②乗務員のタブレット端末に通知

③車内放送 放送内容は1パターン。最寄りの駅員と連携する(警察への通報など)

f:id:dorattara:20200205105619p:plain

JR東日本

感想・まとめ

効果があるとわかれば一気に広がるだろうが、現状の119番通報や110番通報の運用状況を見ていると、いたずら通報も課題になりそう。

参考

痴漢防止対策に関する実証実験の実施について