dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#203 環状4号線(高輪・港南区間)の事業着手を発表 2027年の開通目標か

環状4号線とその延伸部の工事未着手区間について事業着手が発表された。環境影響評価(アセスメント)対象となる約2・1キロのうちの「高輪・港南区間」1・3キロが対象(2019/7/29)。

 

f:id:dorattara:20190729195115j:plain

(東京都)

 

事業完了時期については明確な記載はないが、本ブログの他のエントリから推測すると開通は2027年か。

 

(追記)事業期間は2019〜2032年。甘くはなかった。。。

f:id:dorattara:20190730160828j:image

 

環状4号線の概要

f:id:dorattara:20190729200618j:plain

(東京都)

 

区間 港区高輪3~江東区新砂

延長 約28・8キロ

 

・東京2020大会、2027年のリニア開業を見据えて拠点機能強化が必要

→拠点性を高めるネットワークの1つとして整備・延伸を決めた。

 

※現在道路がない未整備区間とその延伸部、白金台交差点~新港南橋交差点は環境調査に向けた環境現況調査を実施する

 

 

今回の事業認可区間について

f:id:dorattara:20190729192629j:plain

(東京都)

 

幅員25.6メートル~33.5メートルの道路新設及び拡幅整備。

・車道は4車線、その両側に歩道及び自転車走行空間を整備。

・平面構造に加え、鉄道及び国道15号(第一京浜)との交差部は橋梁構造

f:id:dorattara:20190729200434j:plain

(東京都)

・国道15号(第一京浜)へのアクセスへ道路の中央部分に側道整備。

事業の効果

交通の円滑化

・地域の快適性や安全性が向上

・品川駅周辺の東西方向の連絡が強化

・羽田・臨海部・六本木方面とのアクセス性向上

・電線類地中化などにより、良好な都市景観を創出 

 

 

感想・まとめ

スケジュールは他のエントリから推測可能。

 

「未来の品川駅前空間計画」の中に示された「高輪ゲートウェー駅開業(2020年)」と同じ開発ステップ(STEP1)に環状4号線の事業着手が含まれていた。

第1段階 (国土交通省) ・事業着手 地下鉄延伸計画との調整 ・京急線連続立体交差化着手/高輪GW駅開業(2020年予定)/駅街区・西口地区・北周辺地区事業着手/環状4号線事業着手

#93 未来の品川駅前空間計画まとめ 国土交通省資料より - dorattara! Season4

 

2027年目標(STEP2)で開通か

第2段階(リニア開業時:2027年目標) (国土交通省) ・2階上空デッキ北側部分の完成 ・1階駅前広場拡張の完成 ・リニア中央新幹線開業/京急線地平化完了/北周辺地区一部まちびらき/西口地区一部完了/環状4号線一部開通

#93 未来の品川駅前空間計画まとめ 国土交通省資料より - dorattara! Season4

 

品川駅の北側は色々と絡むので、注目。

 

参考

www.metro.tokyo.jp