dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#108 品川区の水辺に1000本の桜並木計画 ふるさと納税活用

桜の花見の季節が終わりつつあるが、品川区がふるさと納税を活用した水辺の「1000本の桜並木」計画を公表した(2019/4/6)。

f:id:dorattara:20190406235113j:plain

(中の人撮影)=江東区豊洲

 

 

 

概要

目的

 品川区内の水辺空間に1000本の桜を整備する。

 ふるさと納税の資金の一部を使う

計画年度

 2018~2020年度

対象地域

f:id:dorattara:20190406175747j:plain

(品川区)

目黒川・立会川などの河川沿岸、天王州運河・京浜運河などの運河沿岸をはじめとした水辺空間

 

①目黒川軸

 これまで以上の桜の充実図る。

 順次桜の植樹実施。

 上流、中流下流エリアに分けて進める

②臨海軸

 新たな品種を取り入れた水辺の桜の名所作り。

③立会川軸

 道路、公園を中心にいまある桜を守り育てる

 

感想・まとめ

 桜は一斉に咲くととても華やか。

 晴れたりすると華やかさも倍増する。

 いろんな桜を植えて欲しいね。10年、20年後がとても楽しみ。

 

 東京23区のふるさと納税は、出て行くばかりという印象だが、

 品川区は1000本桜並木の寄付以外にも、こんな返礼品を用意していた。

f:id:dorattara:20190406211147p:plain

 (品川区)

へえ。

 

参考

www.city.shinagawa.tokyo.jp