dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#32 最速2032年を想定か 首都高日本橋区間地下化の完成時期で中央区

首都高速日本橋区間地下化について、中央区は2018年秋の時点では最短2032年前後を想定していたようだ。思っていたよりもずっと早い(2019/01/28)。

 

f:id:dorattara:20190128231652p:plain

(グーグルアース)

 

 

 

概算事業費 

f:id:dorattara:20190128230925p:plain

国土交通省

 

内訳(単位:億円)

・首都高 コスト縮減など 約400
・民間プロジェクト 約400
地方自治体 交付金対象の関連公共事業+公共用地活用 約400
  中央区負担分 約80(区の公共用地価値)*1

負担増額の可能性あり。一般会計からは支出しない方向。

・国、地方自治体の出資金制度(償還時期見直し) 約1000
・首都高大規模更新事業費の一部 約1000

合計 3200

 

 

首都高地下化に関する中央区の考えに変化

当初 外郭環状線の整備などを合わせ、首都高は撤去すべきという考え

2015年ごろ 国・東京都との検討で、外環が整備されても首都高の交通量は5%程度しか減らないことが判明。地下化やむなし、地下化をどうするかというスタンスで検討

 

今後のスケジュール(最速の場合を想定)

2019年から約1年 「別線ルート」検討ほか

2020年 東京2020大会

2032年 完成*2

 

 

感想・まとめ

その後の冬の検討会では「地下化」にはかなりの障害があることが明らかになっている。

dorattara.hatenablog.com

 

 最速2032年という想定は変化する可能性がある。山積する課題をどうクリアしていくのか。あと1年ほどかけて検討されるようなので、行方に注目したい。

 

参考

dorattara.blog.fc2.com

 

 

*1:中央区は再開発対象の5地区のうち、廃止できる区道の財産価値を踏まえると、80億円は捻出可能という考え方

*2:最短の場合