どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1432 東京メトロ有楽町線の豊洲〜新木場は朝ピーク時半減か 分岐線・豊洲駅改良計画説明会

2022年8月下旬の4日間、東京メトロ有楽町線分岐線と豊洲駅改良工事の説明会があり、その場で出た質問に対する回答が公表された。完成時期が2030年代半ばである事や部分開業はないこと、朝のピーク時に半減が想定される豊洲〜新木場の減便、上乗せ運賃はないことなどが示されている(2022/10/26)

分岐線に関する回答概要

完成時期 2030年代半ば

事業費 約2690億円

部分開業はない。

半蔵門線乗り入れの具体的運行計画 なし

分岐線から新木場方面への乗り入れ なし

需要予測

 30万人/日

運行本数

約8本/時(日中)

約12本/時(朝ピーク時)

有楽町線本線乗り入れ本数 未定

豊洲〜新木場 減便想定

※単純に現在の運行本数から分岐線への本数を差し引くと

約4本/時(日中)!

約11本/時(朝ピーク時)

運賃 上乗せはない

車両基地 新木場の活用を検討

プラットホーム 有効長 約205m

深さ

駅部分 地上から5〜25m

駅間部分 地上から10〜35m

豊洲駅のホーム増設計画

朝に利用者集中 既存ホーム拡張に課題あり。ホームを増設する

夕方は利用者分散 和光市方面のホームは増設しない

住吉→豊洲 豊洲→都心方面の乗り換えは対面で可能にする想定

豊洲駅改良

 時期は未定

枝川駅(仮称)ーJR潮見駅

 地下通路は設置しない

東陽町駅(仮称)の区役所至近出入口

 設置しない

分岐線路線名

 メトロが決定

分岐線駅名

 施設管理者であるメトロが既設線駅名/地名、著名建造物から決定

豊洲小学校

 工事中に校庭が使えなくなる期間が生じる可能性がある

参考 豊洲駅の新木場方面時刻表(2022/10/27現在)

有楽町線豊洲駅・新木場方面時刻表=東京メトロ

現状

日中 12本/便

朝ピーク時 23本/便

参考 豊洲〜新木場等の1日平均利用客数(全130駅、2021年度)

  6位 豊洲 148607人

 20位 東陽町 96170人

 36位 新木場 71568人

 65位 行徳  45581人(中央値)

 67位 住吉  44366人

109位 辰巳  23529人    

感想・まとめ

実質的には分岐線が「本線」になるという内容。朝のピーク時は豊洲から都心方面の容量が一杯一杯だろうから、豊洲〜新木場の朝のピーク時の大幅減便は避けられないだろう。今の運行本数が過剰なのかもしれない。

豊洲〜新木場間は日中も減便が予想されるが、さすがに1時間4本はないとおもう。使わなさすぎるのも問題。6〜8本ぐらいは走らせるだろう。

参考

東京メトロ有楽町線分岐線計画および豊洲駅改良計画(回答)