どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1362 アルバルク東京、青海の「AーARENA」へ 2025年秋開業

プロバスケットボールBリーグの強豪「アルバルク東京」のホームアリーナ建設を含むプロジェクトの発表会が2022年8月29日に開かれた。プロジェクト名は「TOKYO A-ARENA PROJECT」。アリーナ開業は2025年秋の予定。トヨタトヨタ不動産、アルバルク東京の3社による合同プロジェクトとなる(2022/08/29)

A-ARENA PROJECT

TOKYO A-ARENA PROJECT 概要

ALVARK TOKYO

AOMI

ABILITY

アルファベットの始まり、すべてのはじまりとしての

メガウェブの歴史を受け継ぐ

まだみぬアリーナ作りに挑む

トヨタとスポーツの関係

1937年 陸上部創設

1941年 バスケットボール部創設

豊田社長「社長になって13年、大きな危機の連続。困難に立ち向かう勇気をくれたのが運動部だった」

アリーナ計画への2つの思い

1 スポーツとアスリートへの感謝

2 可能性に挑戦する人をサポートし続けたい

モビリティ技術を活用した新しい感染体験

アリーナの全貌

予定地 江東区青海

トヨタ自動車

トヨタ自動車

アルバルク東京

・収容人数 約10000人

・メインアリーナ、サブアリーナ、アルバルク東京本拠地となるアルバルク棟で構成

・開業時期 2025年秋(予定)

多目的な活用が可能な屋上空間

トヨタ自動車

・ファミリーパーク(サブアリーナ屋上)、スポーツパーク(アルバルク棟屋上)の2つの屋上空間

・365日、アリーナの内側だけでなく外側でもにぎわいを期待

アリーナ内部

トヨタ自動車

・柱のない空間で臨場感。楕円形に配置される観客席。一体感を感じられるように

新アリーナの3つのテーマ(アルバルク東京社長)

・もっと観たくなる、やりたくなる 「次世代スポーツエクスペリエンス」

バスケの魅力を伝えるだけでなく、さまざまなスポーツの発信拠点に

BMX,スケートボード、パラスポーツなど

バスケットボールなどのスクール、スポーツの未来の可能性を広げたい

・もっと便利になる、楽しくなる 「未来型モビリティサービス」

トヨタ自動車

モビリティ技術によるアリーナ何の快適さ向上 

・もっとつながる、変わり続ける 「持続型ライフスタイルデザイン」

質疑より

・地域のみなさまとまちづくりをしていきたいという中に、地域の移動、アリーナの周辺の移動も含まれている。

・できるかぎりモビリティがらみのイベントはやりたい。アリーナを核に色々なところを結んでいくことになると思う

・ファミリーパーク、スポーツパークについて。はっきりと色分けはしていない。かなり大きな屋上空間。いろいろな使い方が考えられる。申し込みに行くような煩わしさはなくし、大きなイベントもやりたい。かなりの可能性がある場所

・実施設計を進めている最中。着工にはもう少し時間がかかる。

・ホームアリーナで8割の試合をしなければいけないが、2割はほかでやっていい。その2割でこれまでのホームである立川などで試合をすべく検討を重ねたい。

参考 プロジェクトムービー


www.youtube.com

感想・まとめ

トヨタのやることはワクワク感が半端ない。

2025年秋にかけて、さらに詳しい内容が明らかになってくるでしょう。

e-Palette SHOPの大量導入も確定的。

どんな世界が広がっていくのか、楽しみしかないね。

東京BRTには朗報か

bリーグの規定では、年間60試合のうちのホームゲーム30試合は、その8割(24試合)がホームアリーナで行わなければならない。2021−22シーズンは平均1962人だが、川崎市とどろきアリーナや沖縄アリーナなど大きなハコに限れば4000人前後の人を集めている。

新橋・虎ノ門や(将来的に)東京駅への直通ルートを持つ公共交通機関は東京BRTだけなので利用者の集中が期待できるし、臨時便の増便をしないと対応できないと思う。A–アリーナの建設は東京BRTにとっては朗報だろう。

参考

www.alvark-tokyo.jp