dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#429 東京2020大会延期! 「HARUMI FLAG」と東京BRTはどうなる

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、とうとう東京2020大会の延期が現実となった。気になるのは選手村跡地住宅「HARUMI FLAG」がどうなるか。そして東京BRTの運行への影響はどうなるのかということだろう(2020/03/23)。

f:id:dorattara:20200324230036p:plain

(HARUMI FLAG)

晴海フラッグはどうなるか・・・1年延期の場合

現在の整備スケジュールをそのまま1年後ろにずらしてみた。

f:id:dorattara:20200617042522j:plain

(中の人作成)=東京都作成の図に加筆

2021年夏 東京2021大会

2023年度 HARUMI FLAGの住宅棟と商業施設竣工

       まちびらき、東京BRT本格運行開始?

2024年度 タワー棟竣工

       新設小中学校の開校

板状棟への入居は2019年末の竣工から4年半後の2024年初めになりそう。なんとか現状のまま晴海フラッグの販売は続けられそうな気がする。

参考:2年延期の場合・・・販売一時停止か?

現在の整備スケジュールをそのまま2年後ろにずらしてみた。

f:id:dorattara:20200323042329p:plain

(中の人作成)=東京都作成の図に加筆

2022年夏 東京2022大会

2022〜23年度 東京BRT本格運行開始?

2024年度 HARUMI FLAGの住宅棟と商業施設竣工

       まちびらき

2025年度 タワー棟竣工

       新設小中学校の開校

  この場合は、板状棟への入居は竣工から実に5年半後の2025年初め。晴海フラッグの販売は1年程度ストップするのではないか。

追記:HARUMI FLAGの一部が使われない可能性?

こんな話も。

 

東京・晴海に設置予定だった選手村について、従来の形にこだわらないと明言(IOCのバッハ会長)

伝統的な選手村があれば喜ばしいが、最も実現可能な解決策を見つけなくてはいけない(IOCのバッハ会長)

「延期が発表されたばかり。購入者への説明など、検討も始まったばかり」(三井不動産広報担当者)

東京BRTはどうなるか

現在の運行予定

2020年5月24日 プレ運行一次

2021年1月以降  プレ運行二次

2022年以降    本線トンネル開通後、本格運行

プレ運行一次とプレ運行二次・・・そのままだろう

 様々な技術テストが実施されるほか、地域の需要調査も行われるだろう。それぞれ最低半年程度は行われるのではないか。

 プレ運行一次は選手村、競技会場のいずれとも干渉しないルート設定。プレ二次は競技会場に干渉するルートとなっている。

 延期期間が一年以上であれば、2020年中はプレ運行一次、2021年に入る前後にプレ運行二次に移行して支障はないだろう。

本線トンネルを使う五輪輸送は困難。BRT本格運行は2024年度以降?

 1年延期の場合は、大会後に環状2号線本線トンネル工事をスタートし、大会中は工事を中断、2022年末ぐらいに開通して、東京BRTの本格運行が可能になるかも。需要を考えてまちびらきまで待つと、本格運行は2024年度はじめか。

 現段階(2020/03/25)で東京「2021」大会がいつになるのか不透明で、輸送計画や警備計画を変更する時間などがないことを考えると、仮に開通できても使えないだろうとみている。

 一方、2年延期の場合はトンネルが開通した状況で2022年夏を迎え、主要輸送路として使えるかもしれない。また、大会終了後、間を空けずに東京BRTの本格運行に移行できるかもしれない。需要を考慮してまちびらきまで待つと、本格運行は2025年度にずれ込むかも。

感想・まとめ

 本稿は仮説エントリ。

 ここには書かなかったが、延期の影響は想像以上に大きい。

 新型コロナウイルス感染症拡大を受けて東京2020大会を「当面」一年程度延期することで、日本側とIOC=国際オリンピック委員会が合意した。

 「当面」一年程度、としたのは、新型コロナウイルスの制圧がいつになるか見通せないためで、約一年後の開催を確約するものではない思う。条件が整わなければ、さらなる延期もありうるのではないか。

 結局この合意で決まったのは、

東京オリンピックを2020年7月24日開幕することを断念した

・中止ではないことを確認した

ということではないか。

 

そして、このニュース。

いよいよ対岸の火事ではなくなってきたか?

 

 ああ、新型コロナウイルス感染症との戦いに1日でも早く勝利することを願わずにはいられない。

 全然書き足りないが、忙しすぎて書く時間がない。 

参考

www.31sumai.com