dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#201 有明・台場・青海は「東京ウォーターフロントシティ」に 東京2020大会臨海部で3つの象徴的取り組み紹介

 東京大会組織委員会東京オリンピックパラリンピックの 7つの競技会場が集中する臨海副都心エリアを「東京ウォーターフロントシティ」と名付け、ここで行われる3つの象徴的な取り組みが紹介された(2019/07/27)。

 

f:id:dorattara:20190727000735p:plain

 

東京ウォーターフロントシティのコンセプト

『新しいオリンピック・パラリンピックの発信地』

・スタジアムから街中へ

・観るから触れるへ

・受動から能動へ

 

3つの取り組み

①アーバンフェスティバル

f:id:dorattara:20190727001946p:plain

(東京2020大会組織委員会

 

場所 有明アーバンスポーツパークと有明体操競技場の運河沿いで実施。

内容 アスリートによるエキシビション、BMX・スケートボードなどの競技体験

 

②プレイグラウンド

f:id:dorattara:20190727002019p:plain

(東京2020大会組織委員会

 

場所 青海アーバンスポーツパーク隣接地のパートナーショーケーシングエリア内

内容 3X3バスケットボールとスポーツクライミングの練習が見られる公開ウォームアップエリア設置。競技者と実際に触れ合うことが可能(史上初)

 

③オリンピックプロムナード

f:id:dorattara:20190727002106p:plain

(東京2020大会組織委員会

 

場所 青海・台場地区と有明地区を東西につなぐ約2キロのセンタープロムナード全域

内容 聖火台を中心にスポーツ、アートのライブパフォーマンスほか

 

感想・まとめ

規制の厳しいオリンピックで、競技者と触れ合える場を作るというのは相当頑張ったと思う。ただ、屋根がない場所なのでバタバタ倒れる人が出ないように、対策は考えてほしいなあ。

 

参考

tokyo2020.org