どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1239 有明親水海浜公園にビーチバレーコート設置 有明アリーナに船着場

江東区有明北地区に整備中の「有明親水海浜公園」の面積が当初計画から6ヘクタール拡張されておよそ40ヘクタールになる。東京2020大会開催を受けた港湾環境整備施設計画の変更にともなうもの。具体的には有明アーバンスポーツパークや、ビーチバレーコート、船着場の整備などが含まれる(2022/05/06)。

有明親水海浜公園

有明親水海浜公園整備計画の変更

・緑地が6ヘクタール追加され、それに伴った都市機能用地が6ヘクタール削減される。

東京都

・所在地 江東区有明1、東雲1

・面積 約39・6ヘクタール(陸域13・1ヘクタール、水域26・5ヘクタール)

公園整備計画(変更後)

整備計画(変更後)=東京都

変更計画

海浜や樹林地などの自然環境の回復、保全のための施設
海上レクリエーションや水辺の自然に親しむための水面
3 人々が集い触れ合う広場や、水辺の散策路
4 植栽、芝生等の修景施設
5 便所、駐車場などの便益施設
6 管理事務所などの管理施設
7 様々なスポーツに親しむための運動施設(新規)

変更計画では運動施設が追加されている。そのほかに変更はない。

アーバンスポーツパークとその周辺(西側)

整備計画(変更後)西側=東京都

・親水公園水域は西入江側と中央部分は浮柵で閉じられる

・西入江付近に小さな桟橋と砂浜(都市計画上は「海浜)」

・水際にはヨシ原や藻場、磯浜が設けられる

有明アーバンスポーツパークは結構広い

・中央部には入口広場(大型遊具あり)が設けられる。

有明アリーナとその周辺(東側)

整備計画(変更後)東側=東京都

有明アリーナ付近に船着場が設けられる

・ビーチバレーコートと関連施設を含む砂場が設けられる

・ビーチバレーコートの一角は浮柵で仕切られる

参考:公園整備計画(変更前)

公園整備計画(既定計画)=東京都

参考:親水公園での水遊びは?

COD(化学的酸素要求量)の水に浸かって遊ぶのに適するラインは8mg/㍑となっている。

水浴場水質判定基準=環境省

有明親水海浜公園の入り口にあたる東雲橋付近では概ね「水質B」の範囲にあることが多いようだ。

2021年度 1・6〜6・6、中央値3・9

2020年度 2・4〜21  中央値6・4

2019年度 3・4〜4・7 中央値4・0

河川水質調査結果(江東区)

 時折、環境基準に適さない水質になることがある。東雲橋は河川水質調査の上では「海域」に含まれている。位置付けはお台場海浜公園とあまり変わらないのだろう。

感想・まとめ

複数の入り口広場とアーバンスポーツパーク、砂浜2ヶ所とビーチバレーコート、それに船着場という構成。いまあらためて変更前の計画をみると、一体、誰が外部からくるのだろうという感じだったが、変更後の計画は外部から人を呼び込める方向だと思う。全部住宅系の用地になるのを考えたら100倍いい計画だね。

参考

東京都港湾審議会配布資料より(東京都会場公園計画の変更)