dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#852 御座船「安宅丸」に乗ってきた ミュージカルありの濃密な2時間!

2011年に運行を開始し、東京湾で一際目立っていたクルーズ船「御座船(ござぶね)安宅丸(あたけまる)」の2021年5月いっぱいでの運航終了が発表されたことから、早速乗船してきた(2021/05/01)。

f:id:dorattara:20210501225843p:plain

安宅丸=中の人撮影

サンセットクルーズの様子

この日参加したのはサンセットクルーズ。

夕方に日の出桟橋を出発して2時間弱で戻ってくる。乗客は約20人ぐらいだろうか。カップルと家族連れがほとんどだった。全行程100分ほどの東京湾クルーズで、おつまみとワンドリンク(ただしソフトドリンク)がついたプラン(約5000円)。もっとしっかりした食事のプランもあった。

f:id:dorattara:20210501230113p:plain

安宅丸=中の人撮影

こういう船に乗ったのは初めてかもしれない。

観光遊覧船とはぜんぜん違うレストランシップ。

f:id:dorattara:20210501230252p:plain

安宅丸の船内=中の人撮影

f:id:dorattara:20210501230857p:plain

客室の天井=中の人撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、乗客の座席は一定の距離離れていて、アクリル板の設置もあった。

 こちらはおつまみ。おもったよりもずっとボリュームがあった。

f:id:dorattara:20210501230445p:plain

おつまみ=中の人撮影

ミュージカルタイムがあるので、つまみには十分な量。アルコールが飲めたらなあ・・・

・・・

ミュージカルが始まるのは出港から約1時間後ぐらいだったか。それ以外の時間はスタッフの人と話したり、デッキに出たりして過ごした。

f:id:dorattara:20210501233034p:plain

運航コース=御座船安宅丸

お約束のレインボーブリッジ下の通過。羽田空港沖で折り返す。

f:id:dorattara:20210501230648p:plain

レインボーブリッジの下を通過=中の人撮影

f:id:dorattara:20210501230743p:plain

お台場の五輪モニュメントの裏側=中の人撮影

 お台場の五輪モニュメント。最初に設置された時は、海側は色が塗られておらず灰色だったのだそうだ。

f:id:dorattara:20210501231242j:plain

安宅丸の「おもて」=中の人作成

操舵室の前を歩くことができるようになっていた。

f:id:dorattara:20210501230021p:plain

ガントリークレーン=中の人撮影

クルーズの時間の半分ぐらいは船内で舞台(ミュージカル)が行われる。賑やかで楽しい時間だった。出演されたのはプロフェッショナル集団の「WAGAKU」のみなさん。

2014年からのロングラン公演だということで、歌声も素晴らしく舞いもキレッキレでした。

f:id:dorattara:20210501231521j:plain

船内でのショータイム前の説明=中の人撮影

f:id:dorattara:20210501231652p:plain

中の人撮影

f:id:dorattara:20210501230202p:plain

帰港したした安宅丸=中の人撮影

感想・まとめ

 主に外国からの観光客をターゲットに、江戸風ミュージカルを楽しむレストランシップという印象。もちろん国内の人も十分に楽しめる。アメリカ人のご夫婦?も乗っていたが、とても楽しそうにしていた。きっとこれまでにたくさんの笑顔を作り上げてきたのだろう。

 中の人も十分に楽しませていただきました。WAGAKUのみなさま、ありがとうございました。またどこかで観られたら嬉しいです。

・・・

5月いっぱいでの運航終了は、つい最近決まったということだそうだ。東京五輪向けのインバウンドがなくなってしまったことも大きな要因なのではないかなあ。 

引退するには少し早い気がするなあ。

 

舟運の可能性を強く感じただけに、とても残念な運航終了だ。 

参考

www.gozabune.jp