どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#691 タクシーの定期券/回数券と変動迎車料金が制度化 相乗り制度は先送りに 

タクシーの新しい運賃制度として、定期券/回数券と変動迎車料金がスタートするのを前に、事業者の申請受付がはじまった。一方で相乗りタクシーの導入は当面足踏みが続きそうだ(2020/11/27)。

導入制度概要

①変動迎車料金

 需要の増減に応じて迎車料金を変動させる

 全体では固定迎車料金と変わらないように変動させることが条件

閑散期には割安に迎車可能に

繁忙期には迎車の必要度が高い人に配車されやすくなる

 ②一括定額運賃(定期券/回数券)

 タクシーの複数回の利用分の運賃を一括して支払う制度

通勤などの継続利用に便利

一括精算により割安に

他の交通モードと連携した観光フリーパスも推進

そのほか

 相乗りタクシー制度は新型コロナの感染状況を見極めて導入時期を検討する

実施例:変動迎車料金(2018年10月1日〜11月30日)

f:id:dorattara:20201127113053p:plain

国土交通省

実施例:定額タクシー(2018年10月1日〜12月21日)

f:id:dorattara:20201127113223p:plain

国土交通省

感想・まとめ

事業者の申請受付開始ということで、実際にスタートするのがいつからになるのかは明記されていなかった。「相乗りタクシー」は新型コロナの流行下ではなかなか導入するのは難しいだろう。評判は良かったんだけど。

タクシー利用することは増えたけど、定期券・回数券というほどではないなあ。

それでも、少なくともコロナの間は、積極的な利用を心がけたい。

参考

www.mlit.go.jp

第8回 都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会 参考資料集(国土交通省)