どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1504 日本財団パラアリーナ、1年ごとに運営延長の形で存続!

東京2020大会後にクローズが取り沙汰されていた品川区東八潮の日本財団パラアリーナが1年ごとに運営期間を延長する形で存続しているそうだ。JSPORTSの特集記事で取り上げられていた(2023/01/09)。

f:id:dorattara:20210906202522j:plain

日本財団パラアリーナ

JSPORTS「町田樹のスポーツアカデミア」より

日本財団パラアリーナ

 着工 2017年12月

 開業 2018年6月

・東京2020大会に向けた選手育成が目的

・東京大会後もパラスポーツの強化拠点として運営。レガシーの一つとなっている。

・各競技団体から「アスリートの練習場所がない」という声があり、自前でアリーナを作るしかないとなり建設が決まった。

・・・

船の科学館の土地を借りる形で運営。土地は博物館事業を行うために固定資産税が優遇されている。東京都との協議で2021年解体は既定路線だったが、存続を希望する声が多く、再協議の結果、1年ごとに延長を認めるといった形で認められて運営できている

施設管理者 日本財団パラスポーツサポートセンターについて

2015年設立

参考 日本財団パラアリーナ

東京2020パラリンピックに向け、パラアスリートの練習環境を改善するべく建設された。パラリンピック競技の日本代表合宿やクラブチームの練習に使用できるほか、多くの方にパラスポーツの魅力を伝える普及活動に活用できる・・・

(パラアリーナ)

所在地 東京都品川区東八潮

・鉄骨1階建

・建築面積 3187㎡

・延床面積 2989㎡

設備

f:id:dorattara:20210906195532p:plain

日本財団パラアリーナ

f:id:dorattara:20210906200353j:plain

アリーナ=日本財団

・アリーナ 2035㎡/天井高 約7m

パラアリーナの施設とパラリンピックの獲得メダル数

車いすバスケのコート 3面

 男子 銀メダル

車いすラグビーのコート 3面 

 銅メダル

ボッチャ 8面

 混合ペア 銀メダル

 混合チーム 銅メダル

 混合個人 金メダル

シッティングバレー 2面

ゴールボール 1面

 女子 銅メダル

ブラインドサッカー 1面

そのほか

・トレーニングルーム 127㎡

・ミーティングルーム 71㎡+52㎡

・男女ロッカールーム/シャワールーム

・男/女/多目的各トイレ

・医務室/事務所

ほか

対象者

パラリンピック競技団体

パラリンピック競技団体所属のクラブチーム

パラリンピック競技団体所属の個人

当センターが認めるパラスポーツの普及啓発に関する団体

感想・まとめ

強い要望があって1年ごとに延長が認められる形で存続しているという話。

少し安心した。注目を集め続けることが大きな課題になってくると思う。

東京パラリンピックでメダルを量産し、パラ・スポーツのナショナルトレセン的な役割を果たしているこの施設、重要だと思う。

施設の恒久化も含めて一歩前に進んでいくといいと思うのだが。

メディアもパラアリーナの存在をもう少し取り上げてほしいなあ。

参考

news.jsports.co.jp

www.nippon-foundation.or.jp