どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1100 JR東日本ダイヤ改正は減便ベース 稼ぎ頭の山手線も・・・ 2022年3月

JR東日本が2022年3月12日のダイヤ改正を発表した。サービス向上を全面に打ち出しているものの、厳しい輸送体系の見直しが目立つ内容となっている(2021/12/17)。

ダイヤ改正の概要

実施日 2022年3月12日

新幹線 利用状況に合わせた輸送体系の見直し

一部列車を臨時列車とし、利用状況に合わせた運転とする。

f:id:dorattara:20211217142223p:plain

JR東日本

参考:新幹線特急料金とグリーン料金の値上げ改定

・現行料金は2002年に東北新幹線八戸駅開業時の利用促進で値下げを実施したもの。一部を除き、JR6社共通料金と同等水準に改定する

・改定日 2022年春

グリーン料金

f:id:dorattara:20211217143753p:plain

JR東日本

成田エクスプレスのグリーン料金は距離に関わらず2100円→2800円

グランクラス料金

f:id:dorattara:20211217143916p:plain

JR東日本

新幹線・特急列車のグリーン料金等の改定について(2021年10月)

在来線 上野東京ライン常磐線直通)増発

日中帯 1時間あたり2便→3便

在来線 南武線の土休日快速運転時間を拡大

下り 1011〜1531→0951〜1611 川崎駅発時刻

上り 1015〜1535→0915〜1535 立川駅発時刻

在来線 利用状況に合わせた輸送体系の見直し(特急列車)

・一部特急列車を臨時列車とし、利用状況に合わせた運転とする

・利用の少ない特急列車の運転を取りやめる

・大宮発着の成田エクスプレスは大宮〜新宿間の運転を取りやめる

・上野始発、終着の一部特急を品川駅まで延伸する

f:id:dorattara:20211217142918p:plain

JR東日本

在来線 利用状況に合わせた輸送体系の見直し(普通列車

・朝時間帯の運転本数を見直し

f:id:dorattara:20211217143058p:plain

JR東日本

f:id:dorattara:20211217144504p:plain

JR東日本

・日中帯の運転本数見直し 山手線、中央線快速、常磐線快速.常磐線京葉線

・夕夜間帯の運転本数見直し 東海道、横須賀、山手、中央・総武線各停、高崎線常磐線快速、常磐線各停、総武線快速

・上野始発、上野行きの一部普通列車を品川駅まで延伸する

常磐線特別快速 11−15時台の運行を取りやめる

在来線 そのほか

八高線川越線ワンマン運転実施

八高線五日市線は中央線快速との直通運転を取りやめ

・相模線の朝夕時間帯の横浜線への直通運転を取りやめ

感想・まとめ

f:id:dorattara:20211217145608p:plain

運輸収入の推移=JR東日本・ファクトシート2021

 1年前は終電時間の繰り上げが大きなニュースとなっていたが、今回は減便が大きなニュース。それでも減便はこの程度で済んでよかったという印象。稼ぎ頭の山手線が減便というのは痛い。

参考

www.jreast.co.jp