dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#329 賃貸住宅の展示施設「ROOFLAG」の建設進む 江東区東雲、2019年12月

大東建託江東区東雲に建設中の賃貸住宅の展示施設「ROOFLAG」の建設がかなり進み、CLTを使った大屋根部分は設置が済んでいた。完成時期は変更がなければ2020年2月の予定(2019/12/19)。

f:id:dorattara:20191219094916j:plain

(中の人撮影)

現地の状況(2019年12月)

f:id:dorattara:20191219095025p:plain

(中の人撮影)

参考:建築物概要

 大東建託の資料によると、賃貸住宅に何ができるのかを追求し続けてきた大東建託の取り組みやメッセージを、ショールーム機能を備えた展示棟や賃貸住宅商品の実物モデル、最新技術を伝える研究ゾーンで体感することができる施設という位置付け。

 

外観イメージ(西側)

f:id:dorattara:20190313043137p:plain 

外観イメージ(北側)

f:id:dorattara:20190313043249p:plain

大東建託

 

所在地 江東区東雲1−4−3

f:id:dorattara:20190313044715p:plain

大東建託

 

施設名 ROOFLAG(ルーフラッグ) 賃貸住宅未来展示場

敷地面積 2989・95㎡(予定)

建築面積 1490・60㎡+モデル棟300㎡

延床面積 3639㎡

 

構造規模

 鉄筋コンクリート構造、一部木造、一部鉄骨造 地上4階

 木造部分 地上3階

 鉄筋コンクリート部分 地上4階

 

ゾーニング

f:id:dorattara:20190313043046p:plain

大東建託

 

・エントランスアトリウム 吹き抜けの大空間。イベントスペース

 CLT材(クロス・ラミネイティド・ティンバー)を使用。三角形の大屋根を未来の風にはためく大きな旗に見立て「ROOFLAG」という名前になったそうだ。加えて賃貸住宅の旗印、旗艦の意味も込めたということらしい

 

f:id:dorattara:20190313044406p:plain

大東建託

 

・研究展示ゾーン 研究内容や成果を展示

・展示ゾーン

 1F 安心安全を支える建築テクノロジー、企画展示など

 2F 賃貸住宅事業を支える仕組み、入居者を支えるサービスなど

 3F セミナールームやキッズスペース

 4F 会議室・応接室

・モデル棟 実物大賃貸住宅 

完成時期ほか

 完成時期は2020年2月の予定。

 展示施設見学は予約制。初年度来場者は20000人を見込む。

感想・まとめ

晴海丁目の「CLT PARK HARUMI」はCLTをPRする建物だったが、同じようにCLTを使うROOFLAGの方が規模感は遥かに大きい。ただ、立地がごちゃごちゃした場所にあって、晴海通り側からは見えないので、知っている人しか来られないかも。

f:id:dorattara:20191219095532p:plain

(中の人撮影)=晴海通り側から。手前で地上5階、高さ43m余りのデータセンターが建設中。完成すると晴海通り側からは見えなくなりそう。

 

 建物自体のインパクトは相当なものなので、完成した暁にはすぐにでも訪問しようと思う。

参考

「ROOFLAG 賃貸住宅未来展示場」名称決定大東建託、2018年11月)

dorattara.blog.fc2.com