dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#566 7月30日朝の緊急地震速報(誤報)についての説明をみる

2020年7月30日朝、関東甲信地方を中心に緊急地震速報が発表され、後に誤報として取り消される珍しいケースがあった。気象庁が謝罪会見まで開く事態になったので、どんな経緯か振り返っておく。

f:id:dorattara:20200730165413p:plain

(NHK)
 

7月30日の地震の概要

速報値

f:id:dorattara:20200730165917p:plain

気象庁

地震発生日時 9時36分

震源地 房総半島南方沖

震源の深さ 50キロ

マグニチュード 7・3

緊急地震速報

f:id:dorattara:20200730171114p:plain

気象庁

 36分45秒 地震波検知

①37分33秒(48秒後) 推定M3・6 最大震度2程度以上

②37分53秒(68秒後) 推定M3・9 最大震度2程度以上

③38分13秒(88秒後) 推定M3・9 最大震度2程度以上

④38分33秒(108秒後) 推定M3・9 最大震度2程度以上

⑤38分52秒(127秒後) 推定M7・3 ※1=緊急地震速報

⑥39分12秒(147秒後) 推定M7・3 ※1

⑦39分21秒(156秒後) 推定M7・3 ※1

※1

震度5強程度 三宅島

震度5弱から5強程度 新島、千葉県南部、伊豆大島

震度5弱程度 神津島静岡県伊豆、千葉県北東部、千葉県北西部

震度4から5弱程度 ・・・東京23区・・・

 実際の地震

f:id:dorattara:20200730170923p:plain

気象庁
地震発生日時 9時36分

震源地 鳥島近海

震源の深さ 60キロ

マグニチュード 5・8

津波心配なし

緊急地震速報発表(強い揺れなし)

・震度を観測していない 

誤報となった理由について

緊急地震速報の処理において、本来の震源と異なる千葉県南方沖に決定し、地震の規模(マグニチュード)を7・3と過大に推定したため。

詳しい原因は今後調査を進めるらしい。

 

追記:気象庁が緊急改善策を発表(追記は8月12日)

 気象庁が緊急改善策を発表した(8月7日)。

 震度を過大に予測した理由:本来の震源と異なる房総半島南方沖に震源を推定し、そこから800キロ以上離れた小笠原諸島母島観測点のデータを使ったことで地震の規模(マグニチュード)を7・3と過大に推定した

対策

 マグニチュードの算出には震源からの距離が700キロ以下のものを使用する。

 運用開始予定 2020年9月上旬

緊急地震速報の緊急的な改善策の実施について(気象庁)

感想・まとめ

緊急地震速報誤報大江戸線が止まり、運転再開に1時間程度かかったりしている。

・9時37分 緊急地震速報により全線で緊急停止

・9時40分 緊急停止を解除できず全線運転見合わせ

・11時5分 全線運転再開

運休 30本

最大88分の遅延

影響人員 約5万人

www.kotsu.metro.tokyo.jp

 地震の予測は大変で、失敗すると今回にように影響が大きいと思うが、精度をあげてくださいというしかない。これまでも着実に地震予測の精度、速度とも向上しているので、失敗を糧に前に進んでもらうしかない。

参考

令和2年7月30日8時38分に発表した緊急地震速報(警報)について(気象庁)