dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#877 豊海地区第一種市街地再開発事業、いよいよ工事着手へ 2027年竣工予定 

中央区豊海町に2棟のタワーマンションを建設する第一種市街地再開発事業の「権利変換計画」が認可された。工事前の手続き的なものは一段落。この後、既存建物の解体から工事着手という流れになる。竣工は2027年度(2021/05/29)。

f:id:dorattara:20210529003419j:plain

東京都

豊海地区第一種市街地再開発事業

所在地 中央区豊海町二丁目、勝どき六丁目

交通アクセス 勝どき駅(徒歩9分)

f:id:dorattara:20210529003226p:plain

位置図=三井不動産

f:id:dorattara:20210529002938p:plain

三井不動産

事業名 豊海地区第一種市街地再開発事業

区域面積 2へクタール

建築物の敷地面積 15900㎡

建築物の延床面積 226100㎡

主要用途 住宅、店舗、区民館、休憩所

階数高さ 地上53階建 2077戸(タワー棟2棟)

権利者 443人 同意率96・8%(日本共産党公表)

参考:権利変換計画認可ってどんな段階?

権利変換のしくみ

 開発前の建物所有者は土地所有者の権利を原則として等価で新しくできる再開発ビルの床に関する権利に置き換えるもの

f:id:dorattara:20210529211902j:plain

UR都市機構

f:id:dorattara:20210529002236p:plain

大阪市(参考)

市街地再開発事業の流れの中で、今回、権利変換計画が認可された。。

この後、既存建物の除却を皮切りに具体的な工事が始まる事になる。

・既存建物の除却 2021年9月

・仮設店舗の建設

・再開発ビルの建設 2023年1月(予定)

・新しいビルの工事完了 2027年(予定)

・登記/事業清算/事業終了手続き

・再開発事業終了

感想・まとめ

こちらは2020年6月のエントリ。工事着手は2022年度、竣工は2026年度となっていたので、この1年の間にスケジュール上、目立った遅延が出た様子はないようだ。

dorattara.hatenablog.com

 東京BRTの勝どきBRTまでは徒歩5分程度。勝どき駅へは徒歩9分となっている。このエリアは公共交通の改善余地が少ない。晴海フラッグ側のマルチモビリティステーション側へのアクセスは厳しい。期待できるのはコミュニティサイクル+バス便の増便程度だろう。

参考

「豊海地区第一種市街地再開発事業」権利返還計画認可のお知らせ(三井不動産ほか)