dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#177 国道357号東京港トンネル東行きの開通効果について

2019年6月3日に開通した国道357号東京港トンネル東行きの開通効果が発表された。分散効果が確認され、東京港トンネル東行きに平行する幹線道路の東行き交通量が2割近く減少しているようだ(2019/07/03)。

 

f:id:dorattara:20190703123613p:plain

f:id:dorattara:20190703123941p:plain

(川崎国道事務所ほか)

 

 

東京港トンネル概要

都市計画決定 1970年

事業着手 2002年度

全長 1・9キロ、全幅 100m

設計速度 80キロ/時

車線数 4(東行き+西行き)

 

事業効果

 地域開発支援/広域的防災支援活動拠点への支援/環境改善/交通渋滞緩和/重要施設への連絡強化/交通の代替機能確保

f:id:dorattara:20190703130618j:plain

 

東行き交通量比較

 

f:id:dorattara:20190703125130p:plain
(グーグルアース)

東京港トンネル東行き断面交通量

開通前→開通1週間後

①R357東行き     0→12100(皆増)

都道316号  15700→14400(91・7%)

東京港臨港道路 23100→17900(77・4%)

④首都高湾岸線  67900→65700(96・7%)

 計106700→110100(103・1%)

※開通前 5月14日、22日の平均

※開通後 6月11日、12日の平均

 

全体の断面交通量は3%増加。

その一方で平行幹線道路(②+③)の交通量は17%減少

分散効果が出ている。

 

感想・まとめ

国道357号東京港トンネル西行きの開通時にあげられた開通効果は

①一般道路を使った場合の羽田空港へのアクセス時間短縮(半減)

②周辺道路の快適性向上

③京浜大橋東詰の最大渋滞長が1/4に減少

f:id:dorattara:20190703131305j:plain

関東地方整備局)=再掲

分かりやすい。

 

東行きの開通効果はいまひとつ分かりにくいが、少なくとも交通分散効果はかなり出ているようだ。

 

参考

dorattara.hatenablog.com

dorattara.blog.fc2.com