どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1186 中央区臨海部のドコモ5Gサービス、22年5月にかけ大幅拡大

NTTドコモは2024年3月までに5Gサービス提供エリアについて、4Gサービスの周波数帯を5Gに使うことで人口カバー率90%以上を目指す。中央区江東区の臨海部のサービス提供エリアは2022年5月にかけて大幅に拡大する(2022/03/12)。

f:id:dorattara:20220312231041g:plain

NTTdocomo

2022年5月末(スマートフォンタブレット、携帯)の5Gサービス区域

f:id:dorattara:20220312141309p:plain

2022年5月以降=NTT DOCOMO

晴海地区 三丁目と四丁目のほぼ全域、二丁目の春海運河寄りのエリア

豊洲地区 晴海通りとメトロ有楽町線の間のほぼ全域

有明地区 有明通り沿線、晴海通り沿線、その間の大部分

2022年2月27日時点(スマホタブレット、携帯)

f:id:dorattara:20220312141227p:plain

2022年2月28日時点=NTT DOCOMO

・晴海地区 二丁目と三丁目の幹線道路沿い

豊洲地区 新豊洲〜市場前の一部など

有明地域 ごく一部

参考:iPhone/iPad LTE速度別エリア

f:id:dorattara:20220313091810p:plain

NTT Docomo

※こっちが広がれば5Gではなくてもいいような気がするなあ。

 

感想・まとめ

スマホタブレット端末の5Gのサービス範囲はかなり広がってくるようだ。

プレミアム4Gというサービスは広く普及している。

受信実効速度は168〜299Mbps(最大1・7Gbps

送信実効速度は 23〜45Mbps

これが5Gでは

受信実効速度は410〜779Mbps(最大4・2Gbps

送信実効速度は96〜192Mbps

になるという。

 

一方でiPhone、iPadの5G利用は対応機種限定(iPhone13シリーズとiPadmini 第6世代)となる。

どこまで高速通信がいるのか、よくわかりません。

参考

www.nttdocomo.co.jp