どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1450 東京メトロの旅客数・収入は2四半期連続前年比+15% 2023年3月期第2四半期

2023年3月期第2四半期の東京メトロの輸送人員と旅客運輸収入が公表された。2021年3月期第2四半期との比較では輸送人員が15・9%の増加、旅客運賃収入は15・9%の増加となった。15%超の改善は2四半期連続で喜ばしい。営業費に電気代高騰の記述が見られたことが今後の不安要因(2022/11/10)。

鉄道運輸成績2023年3月期 第2四半期(自22年7月1日〜至22年9月31日)

新型コロナの影響からの回復傾向が続く。引き続き定期収入は回復が鈍く、新たな生活様式の定着が伺える。営業費(前年同期比+15億)に電気料金の高騰が反映してきていることが気になる

四半期旅客運輸収入と輸送人員の推移

東京メトロ

輸送人員は前年同期比+15・9%

東京メトロ

旅客運輸収入は前年同期比+15・9%

東京メトロ

参考:そのほか 2023年3月期第2四半期

連結貸借対照表

 長期借入金 3198億円(22年3月期末は3258億円)

 社債    5920億円(22年3月期末は5770億円)

 純資産   6183億円(22年3月期末は6183億円)

有利子負債残高

期末の有利子負債残高の推移=東京メトロ資料より作成

・9842億円(22年3月期末は9713億円)

感想・まとめ

 東京メトロの旅客運輸収入と輸送人員は新型コロナ流行下の2021年度からおおむね15%回復という水準が続いている。この間、有利子負債残高は1兆円に膨らんだ。どの程度悪くなるかではなく、インバウンドの再開でどの程度まで持ち直すかに注目は移ったように思う。 

参考

2023年3月期第2四半期決算について(東京地下鉄)