どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1218 旧晴海鉄道橋遊歩道化・耐震補強はさらに2カ月遅れ 晴海側、2022年6月上旬まで

2017年に決まった旧晴海鉄道橋の遊歩道化。現在行われている晴海側橋脚の耐震補強工事が遅れているようだ。工期は22年1月下旬までだったが6月上旬までに延期された。豊洲側耐震補強の作業も始まったようだ(2022/04/14)。

f:id:dorattara:20220414102744j:plain

中の人撮影

晴海側工期は2カ月延長、6月10日までに

f:id:dorattara:20220414102318j:plain

中の人撮影

耐震補強工事(〜至2022年1月21日)←現在進行中

→2022年4月11日

→2022年6月10日

耐震補強工事(〜至2023年2月28日) 

〜2020年10月 測量

〜2020年12月25日 底質調査

晴海側

2022年2月25日

耐震補強工事→2022年1月21日

f:id:dorattara:20210301010915p:plain

→2022年4月11日

→2022年6月10日

豊洲

〜2023年2月28日 耐震補強工事(橋脚3本)

f:id:dorattara:20211129195452p:plain

※船舶通行を妨げないようにするため、晴海側と豊洲側を別の工事としているようだ。

落札者 松鶴建設 4億7817万円

上部補修工事

〜2024年3月29日まで

遊歩道化補足設計

〜2024年3月29日まで

参考 晴海橋梁(旧晴海鉄道橋)概要

1957年に東京都の専用線として完成。

f:id:dorattara:20190701211115j:plain

(東京都)

 

橋の中央径間は鉄道橋としては国内初の「ローゼ桁」を採用。

橋の側径間は鉄道橋としては国内初の「連続PC桁」を採用。

→歴史的価値が高い。

 

供用期間 1959~1989年

所在地 中央区晴海2~江東区豊洲

f:id:dorattara:20190701210739j:plain

(東京都)

 

豊洲側の耐震補強工事(2022年4月現在)

f:id:dorattara:20220414102641j:plain

中の人撮影

追記:春海橋公園と一体管理(2021/05/26)

f:id:dorattara:20210526094356p:plain

春海橋公園・晴海臨海公園との接続図=中の人作成

・遊歩道整備は2023年度以降(東京都港湾局)

・春海橋公園と一体的に管理される

中央区立晴海臨海公園との接続は太平洋セメント跡地の開発動向を踏まえ検討されることが想定されている→当分先か

感想・まとめ

 晴海側の耐震補強工事の工期が2022年6月10日に再延期された。豊洲側での作業もスタートしたようだ。豊洲側の耐震補強工事が橋脚3本に対して実施されることが告知されている。工期は2023年2月28日までで変更はないようだ。

 こういうのは遅れるもんなのかね。

参考

dorattara.hatenablog.com

www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp