どらったら!!

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#1031 2021−22年の冬季電力は大丈夫そう 予備率3%超確保

東京地区の2021−22年冬の電力需要は過去10年で最も厳しい気象を想定した「H1需要」の予測では需要が供給を上回る厳しいものだったが、最新の予測では最低限の電力が確保できる見通しとなった(2021/10/21)

f:id:dorattara:20211021175412p:plain

資源エネルギー庁

2021年冬の東京エリアの需給見通し

・10年に1回の厳しい寒さになった場合でも、全エリアで安定供給に必要な予備率3%は確保できる見込み。ただし過去10年で最も厳しい見通し。東京エリアの予備率は1月3・2%、2月3・1%とぎりぎり。

f:id:dorattara:20211021175519p:plain

資源エネルギー庁

LNG在庫

・過去5年で最高水準にある。

・需給逼迫の蓋然性は低い。

参考:世界的な電力の逼迫について

中国での逼迫

コロナからの経済回復で2021年上半期の電力需要は前年同期比+16・2%

発電用石炭の価格上昇で、7割を占める石炭火力の発電量伸び悩み

水力、風力も計画を下回る

インドでの逼迫

石炭輸入譚の価格高騰、長雨による採炭、輸送停滞で2021年8月以降、発電用石炭貯蔵低下

電力の7割を占める石炭火力135箇所の半数以上で燃料在庫が3日未満。北部州で停電相次ぐ

欧州での卸売電力価格高騰

f:id:dorattara:20211021234436p:plain

左:天然ガス卸売価格 右:卸電力価格(大陸欧州)=資源エネルギー庁

天然ガス価格高騰、経済活動回復による需要増大、排出枠価格高騰、天候不順による風力低迷などで、卸売電力価格が前年の2倍以上のkWhあたり20円前後に上昇

参考:「警戒モード」の導入

計画停電、需要逼迫警報・節電要請の前段階として「警戒モード」導入が検討されるようだ。

f:id:dorattara:20210613061926p:plain

広域融通後の予備率と需要対策=資源エネルギー庁

参考:計画停電の実施について

f:id:dorattara:20210613062136p:plain

需給逼迫時の対応について=資源エネルギー庁
前日1800めど 需給逼迫警報(第一報)=節電のお願い、要請

 広域融通、需給対策をしても複数エリアの予備率が3%を下回る見通しになった場合

 翌日節電要請、計画停電の可能性がある場合、送配電事業者が実施可能性を公表する 

当日0900めど 需給逼迫警報(第二報)=節電のお願い、要請

資源エネルギー庁が発表

実需給の3ー4時間前 需給逼迫警報(第三報)=節電のお願い、要請

需給逼迫が解消されない場合、資源エネルギー庁が発表

警報発令、節電要請後も予備率1%を下回る見通しの場合

実需給の2時間程度前 計画停電の実施を発表する

参考:電力需給逼迫時対応フロー

f:id:dorattara:20210613021948j:plain

調整力及び需給バランス評価等に関する委員会(2021年5月、経済産業省

感想・まとめ

電力不足はとりあえずなさそうな状況になった。一安心。

世界中で電力不足が起きていようとは。

心して節電に努めることにしよう。

参考

2021年冬季の電力需給対策について(資源エネルギー庁)