dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#410 横浜市IR素案をみる 2020年3月

カジノを含む統合リゾートは全国で3カ所程度。立候補に向けた検討を進める横浜市がIR素案を発表したので内容を確認しておく(2020/03/06)。

f:id:dorattara:20200306094116p:plain

横浜市) 

基本コンセプト「横浜イノベーションIR」

 これまでの街の魅力に、世界水準のMICE、ホテル、エンターテイメント、最先端テクノロジーを融合し、未来の街に。横浜の観光と経済にイノベーションをもたらす。

4つの方向性

方向性1 世界最高水準のIR

f:id:dorattara:20200306101108p:plain

横浜市

・MICE(国際展示場、国際会議場)

・レストラン・ショッピングモール

・エンターテイメント施設

・多彩なホテル群

・カジノ

・送客施設


方向性2 都心臨海部との融合

f:id:dorattara:20200306101213p:plain

横浜市

・施設整備の視点

 SDGs、スマートシティ、防災、環境、ユニバーサルデザイン

・まちづくりのコンセプト

 「横浜IR」を都心臨海部と一体的に整備し融合

 21世紀を象徴するような新しい横浜の都市デザインと景観形成

 未来の街のショーケース

方向性3 オール横浜で観光・経済にイノベーション

f:id:dorattara:20200306101358p:plain

横浜市

方向性4 安全・安心対策の横浜モデル

f:id:dorattara:20200306101727p:plain

横浜市

IRの効果

観光振興

 インバウンドを含むIRへの訪問者数 

  2000万人〜4000万人(国内観光客が66〜79%)

 IR区域内での消費額

   4500億円〜7400億円

地域経済振興

 経済波及効果(間接効果を含む)

  建設時 7500億円〜1兆2000億円

  運営時 年間6300億円〜1兆円

  雇用創出効果 年間7・7万人〜12・7万人

地方自治体の増収効果

 年間820億円〜1200億円

スケジュール

f:id:dorattara:20200306094943p:plain

横浜市

2020年度前半 横浜IR実施方針策定と公表

2020年度内  IR事業者選定、区域整備計画策定

2021年度前半 国に申請

2020年代後半 IR開業

参考:素案に関するパブリックコメント実施

期間 2020年3月6日〜4月6日

意見提出は参考のリンクから。

 

 

感想・まとめ

 いろいろ書いてあるけど、横浜のまちおこし計画素案。

 こんな写真が並ぶ。

f:id:dorattara:20200306102004p:plain

横浜市

 味の濃いジャンクフードのよう。

 いや、ジャンクフード、結構好きだけどね。

参考

www.city.yokohama.lg.jp