dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#398 自動運転車を地震動到達前に停車させる実験実施 2020年2月25日から、埼玉県川口市 

自動運転車の話題が続く。地震が到達する前に車両を減速させる仕組みはすでに新幹線などに導入されているが、これを同様のことを自動運転車で実現しようという実験が埼玉県川口市で行われる(2020/02/19)。

f:id:dorattara:20200219144037p:plain

(SBドライブ)

実験概要

f:id:dorattara:20200219145730p:plain

f:id:dorattara:20200219145540p:plain

(中の人作成)=黄色の線は走行ルートとした発表されたものではない

実験期間 2020年2月25日から2月28日まで

実験場所 埼玉県川口市 複合施設SKIPシティ〜埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅

距離 往復約3・4キロ

車両 SBドライブの自動運転車両走行プラットフォーム「Dispatcher」(ディスパッチャー)を使用

試乗 一般の試乗は行わない

検証内容

地震の揺れが到達する前に車両を停止させるシステムの検証

f:id:dorattara:20200219144633p:plain

(SBドライブ)

・車両の位置情報と気象庁緊急地震速報を組み合わせてそのエリアの震度を「移動体向け地震予測システム」で予測。地震の揺れが到達する前に自動で減速、停止させる検証を敷地内で実施。

※移動体向け地震予測システムを自動運転バスに使用するのは初めてのケース。

②災害発生時に危険レベルや避難所の情報を乗客に提供

③押しボタン式信号機と車両の連携

 押しボタン式信号機の情報を車両で取得、急ブレーキをかけずに横断歩道前で停止するデモンストレーション

 

感想・まとめ

 自動運転車だけでなく、高速バスなどにも導入できそうな技術。導入のハードルは高くなさそうなので、どんどん進めてほしい。

参考

川口市で自動運転バスの実証実験を実施(SBドライブ)