dorattara! Season4

東京都中央区、江東区の臨海部を中心としたメモ。独自の情報を除いては、報道ベースではなく、発表主体の情報をベースに書くことを基本にしています。

#213 羽田空港の新飛行コースは2020年3月29日から

 羽田空港で都心上空を飛行する新たなコースが決まり、2020年3月29日に運用が始まる。これにより国際線を年間約3・9万回増便する(2019/08/09)。

f:id:dorattara:20190809081843p:plain

国土交通省

新飛行ルート(南風時):現行80回/時→90回/時

f:id:dorattara:20190809075421p:plain

 

新飛行ルート(北風時):現行80回/時→90回/時

f:id:dorattara:20190809075546p:plain

国土交通省

運用の工夫

高度引き上げ

f:id:dorattara:20190809080019p:plain

 

国土交通省

・到着経路の高度引き上げ:最大で2000フイートの引き上げ

 3000フイート→4000フイート 2〜4デシベル低減

 3000フイート→5000フイート 4〜7デシベル低減

・着陸地点を南側へ移設することで飛行高度を70フイート引き上げる

f:id:dorattara:20190809083152p:plain

国土交通省

 

使用便数の調整(陸側の滑走路の出発便を減らす)

f:id:dorattara:20190809080352p:plain

国土交通省

 南風時のB滑走路(陸地側)の出発便数を減らす。

 

北風時の運用時間の後ろ倒し

f:id:dorattara:20190809080705p:plain

国土交通省

北風運用時の午前中の運用時間

 当初案 0600−1030

 後倒後 0700−1130

 

追加対策

f:id:dorattara:20190809080952p:plain

国土交通省

・南風好天時の新到着経路の降下角(3度→3・5度)

・気象条件によっては「赤の点線」のような飛行になる場合がある

今後のスケジュール

2019年

 8月 飛行検査(〜12月)

 9月 発着調整(〜2020年1月)

    制限表面設定(〜11月)

12月 新飛行経路周知(〜20年1月)

2020年

 1月 試験飛行(〜3月)

 3月 新飛行経路の運航・増便

 7月〜東京オリンピックパラリンピック開催

 

感想・まとめ

 

 日本は今後、観光立国となって行かざるを得ないので、増便に向けた必要な整備と理解している。ただ、都心上空を通す以上、影響を受ける人も多い。

江東区江戸川区

f:id:dorattara:20190809082146p:plain

 

 増便を前提として試験飛行以降に問題点を一つ一つ丁寧に潰していく、そうやって折り合いをつけていくしかないのではないかな。

 

 横田空域が一部戻れば少しは違うのだろうか。

参考

www.mlit.go.jp

www.mlit.go.jp